編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マカフィー、Linux対応ウイルス対策ソフト「McAfee LinuxShield」新版を発売

吉澤亨史

2007-10-10 21:24

 マカフィーは10月10日、最新のLinux OSに対応したプロアクティブなウイルス対策ソリューションの新版「McAfee LinuxShield 1.5」を同日から販売開始したと発表した。

 LinuxShield 1.5は、32ビットと64ビットのLinux OS上で、ウイルスを中心としたさまざまな脅威に対するリアルタイムプロテクションを提供し、防御効果を向上させるウイルス対策ソリューション。新たにLinuxの最新の企業向けOSである「Red Hat Enterprise Linux 5」に対応するとともに、新たなKernelをサポートし、より広範なLinuxシステムへの対応を実現した。

 パッチの配布前に新型ウイルスを識別するヒューリスティックスキャンと、圧縮ファイルに潜むウイルスを検出するアーカイブスキャンを実現した。また、Linuxシステムの通過を試みるWindowsウイルスも検出する。アップデートは、差分アップデートを自動実行するため、サーバを再起動する必要がない。

 同社の統合管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator」最新版に対応しているため、McAfee LinuxShieldの柔軟なプロテクション機能をシングルコンソールで集中管理できる。ポリシー管理の実行と、脅威とセキュリティの状況の詳細なレポートをグラフィカルに作成することが可能となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
マカフィー
セキュリティ

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]