編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コードの難解さを計測するEclipseプラグイン「Crap4j 1.1.3」リリース

原井彰弘

2007-10-29 20:25

 Crap4jプロジェクトは、Javaコードの複雑さを計測するEclipseプラグイン「Crap4j」の新バージョン「Crap4j 1.1.3」をリリースした。

 Crap4jは、CRAP(Change Risk Analysis and Predictions)というソフトウェアメトリクスのJava実装。CRAPは循環的複雑度(cyclomatic complexity)とコードカバレッジを合わせた指標で、内容の理解やテスト、保守が難しいコードを見つけ出すのに役立つとされている。

 Crap4jでは、クラスの各メソッドごとにこのCRAPの値を測定し、結果を表やグラフで表示することが可能になっている。また、同時に循環的複雑度やコードカバレッジも表示できる。

 今回リリースされた新しいバージョンでは、いくつかのバグが修正されたほか、新しい機能を追加するためのコードの整理が行われた。

 なお、Crap4jの利用にはバージョン3.2.1以上のEclipseが必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]