Pythonで書かれた分散型バージョン管理システム「Bazaar 0.92 RC1」リリース

原井彰弘

2007-10-31 08:00

 Bazaarプロジェクトは10月29日、バージョン管理システム「Bazaar」の新バージョン「Bazaar 0.92 RC1」をリリースした。

 Bazaarは、Pythonで書かれた分散型のバージョン管理システム。パフォーマンスの高さと安全性を売りにしている。特に安全性に関しては、膨大な数のテストスイートが用意されていることに加え、開発プロセスにおいてもコードレビューを欠かさないといった徹底ぶりだ。そのため、過去2年間でデータが損失するようなバグは一度もなかったという。

 一方で機能に関しては、管理下にあるファイルやディレクトリの名前の変更にも対応しており、柔軟な利用が行える。また、PythonのAPIとして設計されているため、Pythonで作成したアプリケーションとの統合も容易であるとしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、全体的に動作速度が向上しており、特にコミットの速度は大きく改善されたという。また、実験的に新しいリポジトリのフォーマットも追加された。そのほかにも多数のバグが修正されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]