編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

マイクロソフト、エンタープライズ検索ツールを無償提供へ - (page 2)

文:Ina Fried (CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-11-07 11:10

 Spataro氏によると、この新製品は特に新興企業を対象としたものであり、新興企業の製品は価格が高すぎる場合が多く、ユーザーの大部分は利益を得ることができないという。

 「技術は申し分ないと考えている」とSpataro氏は言う。「今までの問題は、それらがすべて封じ込められていたことだ」

 これまでしばらくの間、Microsoftはエンタープライズ検索の分野でGoogleと戦うと宣言してきた。Googleは10月、「ソーシャル」検索が可能なエンタープライズ検索アプライアンスのアップデートを導入した。

 Fast Search & Transferは声明で、Microsoftの動きに「支持する」と述べている。

 「本日の発表は、われわれFastが以前から承知していたことの正当性をあらためて確認するものである。それは、検索が検索ボックスを越えてエンタープライズのインフラストラクチャの重要な部分になったということだ」とFastでシニアバイスプレジデント兼グローバル戦略チーフを務めるZia Zaman氏は述べる。「これによってウェブ検索とエントリレベルのエンタープライズ検索で成功しているGoogleは、小中規模企業の市場で支配権を維持しようと躍起になっているMicrosoftと戦わざるを得なくなった。Microsoftは、企業が生産性を大幅に向上させて情報資産を有効に活用するための検索ツールとコラボレーションツールのすばらしいポートフォリオを開発してきた」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]