編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットアプリケーションスイート「SeaMonkey 1.1.7」リリース

原井彰弘

2007-12-03 14:33

 SeaMonkeyプロジェクトは11月30日、インターネットアプリケーションスイート「SeaMonkey」の新バージョン「SeaMonkey1.1.7」をリリースした。

 SeaMonkeyは、ウェブブラウザ、電子メールクライアント、HTMLエディタ、IRCチャット、ウェブ開発ツールを含むインターネットアプリケーションスイート。Mozilla Foundationが開発を行っているFirefoxやThunderbirdなどのアプリケーションとほぼ同じソースコードを用いて、開発が継続されている。

 今回のリリースは、セキュリティ上の脆弱性を修正するために行われたものであり、Mozilla Firefox 2.0.0.10での修正内容とほぼ同じものである。ただし、Mozilla Firefox 2.0.0.10のパッチに含まれていた画像処理に関する新たなバグは、SeaMonkey 1.1.7ですでに取り除かれているため、同日公開されたMozilla Firefox 2.0.0.11と同等のパッチはSeaMonkeyでは提供されないとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]