ワンクリック不正請求の金銭被害は3.8%、17.3%がウイルス感染--IPA調べ

吉澤亨史 2007年12月04日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は12月4日、インターネット利用者を対象とした「情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査(2007年度第1回)」を実施し、報告書を公開した。この調査は、7月6〜9日の間に15歳以上のPCでのインターネット利用者を対象に実施されたもの。ウェブによるアンケートで、有効回答数は5160人。

 調査結果によると、情報セキュリティに関する事象の認知度では「コンピュータ・ウイルス」についてはほぼ100%の人が言葉を聞いたことがあり、約9割の人は内容も知っていた。また、「ワンクリック不正請求」「フィッシング詐欺」「スパムメール」「スパイウェア」については約9割の人が言葉を聞いたことがあり、内容まで知っている人も6割以上であった。ただし、「ボット」「標的型(スピア型)攻撃」については、6割以上の人が言葉を聞いたことはないとの回答であり、他の脅威に比べ、認知されていない状況が判明した。

 情報セキュリティ対策の実施状況では、「怪しいメール・添付ファイルの削除」や「よく知らないウェブサイトではファイル(ソフトウェア)をダウンロードしない」「セキュリティ対策ソフトの導入・活用」といった項目が7割以上であり、基本的な対策は浸透しているといえる。

 しかし、「パソコンの重要なデータのバックアップ」「不要になった自宅パソコンの廃棄・リサイクル前のデータ消去」などのデータの保存・消去に関する項目や「パスワードの定期的な更新」といった対策は、実施率が低い傾向にあった。

 情報セキュリティに関する被害状況では、「全く知らない差出人から大量にメールが送られてきた」が24.5%で最も多く、迷惑メールが大量に発信されている状況が推測される。「コンピュータ・ウイルスに感染した(感染後にセキュリティ対策ソフトが検出したケースを含む)」が17.3%と、ウイルスに遭遇するケースも多数発生している。

 また、ワンクリック不正請求に関連し、「HP閲覧中に、契約した覚えのない料金の支払いを要求するメッセージが表示された」や「覚えのない料金の支払いを要求するメールが送られてきた」といった経験がある人は、それぞれ8.7%、6.3%であり、そのうち支払いを行った経験がある人が3.8%存在し、金銭的被害が発生している状況が確認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化