サイト脆弱性をチェックしよう!--第7回:「ディレクトリトラバーサル」と「強制ブラウジング」

池田雅一(テクマトリックス) 2007年12月14日 21時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、SQLインジェクションについて説明した。前回の対策について不明瞭な部分があるとの指摘を受けたので、その部分について、まず説明する。

 前回、「SQLインジェクション対策の基本はXSSと同じく適切なエスケープ処理を行うことだが、最近の開発環境の多くは、Prepared Statementあるいはバインドメカニズムと呼ばれる仕組みが実装されているので、それらを用いることが最も簡単な方法といえる」と記述した。

 その意図は、「SQLインジェクション対策の基本はエスケープ処理となる。しかし、エスケープ処理を行う代わりに、Prepared Statementあるいはバインドメカニズムをデータベースへのアクセスに利用する方が簡単かつ安全だ」ということだ。

 Prepared Statementあるいはバインドメカニズムを使用することで、開発者がコードを書く量を少なくでき、結果として、脆弱性(バグ)の混入を低減することができる。

 当然のことながら、動的に検索条件の検索項目を変更したい場合など、バインドメカニズムを利用することは困難な場合がある。その場合は、SQLインジェクションが発生しないように注意して、エスケープ処理を行わなければならない。

 さて、今回はSQLインジェクションと並んで情報漏えいにつながる脆弱性である「ディレクトリトラバーサル」と「強制ブラウジング」について説明する。

ディレクトリトラバーサルとは

 ディレクトリトラバーサルとは、ファイルをウェブアプリケーションが使用する場合に、相対パス表記を用いて任意のファイルにアクセスしてしまう脆弱性だ。

 この脆弱性を利用した事件として有名なのは、ACCSのサイトから個人情報が漏えいした2003年の事件だ。この事件では、脆弱性のある「csvmail.cgi」がACCSのサイトで使用されており、Hiddenフィールドで指定したテンプレートを表示する機能を悪用して、任意のファイルの内容が表示可能となってしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化