編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイト脆弱性をチェックしよう!--第7回:「ディレクトリトラバーサル」と「強制ブラウジング」 - (page 2)

池田雅一(テクマトリックス)

2007-12-14 21:01

検査手法

 ディレクトリトラバーサルは、通常の手法では変更できないHiddenフィールドやCookieに脆弱性が存在することが多々ある。このため、「第5回:XSSの脆弱性を検査する方法」にて説明したような検査ツールをこの検査でも用いる。

 この脆弱性の検査では、多くの場合、指定したファイルの内容がHTTPレスポンスに含まれるので、そのファイルに存在する文字列を検索することで脆弱性の有無が判断できる。

 使用するデータは、OSの設定ファイルなど存在していることがわかっているファイルを相対パス表記で表したものだ。こうしたデータには、以下のようなものがある。

検査手法

 このようなデータを送信し、HTTPレスポンスにファイルの内容が含まれていた場合、脆弱性があると判断できる。上記の例であれば、以下のような文字列を検索する。

  • UNIX系OSの場合 root:
  • Windowsの場合  [boot loader]

 この手法では、うまく脆弱性を発見できないケースがある。その場合、任意のディレクトリに設置したファイルにアクセス可能かどうかを、OSのログなどを用いて確認する。

 例えば、「../../../../../../tmp/test.txt」を入力して、「/tmp/test.txt」に指定したデータが出力されているかといったことを確認する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]