編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

iPhoneとiPod touchに複数の深刻な脆弱性

2008-01-17 18:30

 バージョン1.1.2以前のiPhoneおよびiPod touchに複数の深刻な脆弱性が存在する。Secuniaが16日に報告したもの。セキュリティバイパスおよびクロスサイトスクリプティング(XSS)、システムアクセスの脆弱性で、影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 Safariには、URLの処理における不特定のエラーが存在し、ユーザーが細工されたURLにアクセスした際に、メモリーエラーを引き起こすことができる。攻撃が成功すると、任意のコードが実行可能となる。

 また、フレームにおけるエラーを利用してクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を行うことができるという脆弱性も存在する。

 緊急通話の処理におけるエラーは、Passcode Lockの機能を迂回させ、iPhoneへの物理的にアクセス可能なユーザーがPasscodeなしで、任意のアプリケーションを実行することを許してしまう。

 これらの脆弱性を解決するには、バージョン1.1.3にアップデートすること。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]