編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MSとファストのM&A、新会社は「Microfast」!?--買収提案の裏話を明かすMS

藤本京子(編集部)

2008-02-20 09:07

 Microsoftが1月8日にFast Search & Transferの買収提案を発表してから1カ月半が過ぎた。この買収提案は、Microsoftにとってどのような意味があるのだろうか。MicrosoftでOffice SharePoint Server部門のグループ製品マネージャーを務めるJared Spataro氏が、Fast主催のイベント「FASTforward '08」にて、今回の買収の意義とその裏話を語った。

 Spataro氏は、買収提案に至るまでのMicrosoftのエンタープライズサーチ戦略を段階的に説明した。まずMicrosoftは、エンタープライズサーチ市場に存在していたローエンドとハイエンドという2つの市場のどちらにも参入せず、中間的な市場を立ち上げ、インフラのサーチソリューションを提供することにフォーカスしていた。「この市場形成はある程度の成功を収めたが、これは第1段階に過ぎなかった」とSpataro氏は話す。

Spataro氏 MicrosoftのSpataro氏

 次にMicrosoftが注目したのはローエンド市場だ。多くの顧客がシンプルで手軽に導入できるサーチプラットフォームを求めていたことから、同社は無償でダウンロードできるエンタープライズサーチ製品「Microsoft Search Server 2008 Express」を発表した。2007年11月のことだ。

 これが同社のエンタープライズサーチ戦略の第2段階だが、「これでも満足できなかった。やはり十分な機能を提供し、ユーザーが満足のいくようなやりとりができるためにはギャップがある。そこでハイエンドにも目を向けた」とSpataro氏は説明する。

 その際MicrosoftがFastに目を向けた理由はどこにあったのか。Spataro氏は、「エンタープライズサーチにおいて、Fastはわれわれよりずっと進んでいた」と明かす。検索技術でパーソナライズされた情報を自動的に提供する「ゼロタームサーチ」といったビジョンはもちろんのこと、検索で世界を変えようとする情熱的な人々や、そのための技術など、「すべてMicrosoftにとってベストだった」とSpataro氏は話す。

 エンタープライズサーチ分野で、ビジョン、人、技術の3つを兼ね備えたFastと、さまざまなインフラ技術と幅広い顧客層を持つMicrosoftが一緒になれば、「よりよい技術をより早く届けることができる」とSpataro氏は述べ、顧客にとってもメリットがあることを説明した。もちろん、FastがMicrosoftの一部になっても「Fast製品は(Windowsだけでなく)他のプラットフォームもサポートし続ける」(Spataro氏)としている。

 Spataro氏は、買収提案のプレスリリースが出る前日、FastのCEOであるJohn Markus Lervik氏とメールでやりとりした内容を明かした。Spataro氏がプレスリリースの最終版をLervik氏に送り、チェックしてもらったところ、Lervik氏から次のような返事が返ってきたという。「だいたいOKだけど、リリースのタイトルは、『MicrosoftがFastに買収提案した』ではなく、『MicrosoftがFastに買収してもらうよう提案した。新会社の名前はMicrofast』だね」と。このような大胆な考えをするFastだからこそ、Microsoftの目にとまったのかもしれない。

WindowsFAST 「Microfast」という新社名の提案を受け、Spataro氏にも新たなアイデアが浮かんだようだ。「こんな名前のOSならみんなすぐにアップグレードしたいと思ってくれるかも」(Spataro氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]