欧州連合の規制当局、マイクロソフトによる相互運用性向上の動きに懐疑的

文:Tom Espiner(Special to CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年02月22日 12時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州委員会は、Microsoftが米国時間2月21日に相互運用性を向上させる動きを進めると述べた発表に疑念を表明した。

 欧州委員会は声明の中で、相互運用性の向上は歓迎するが、Microsoftは以前にも同様の発表をしてきたと述べた。

 「当委員会では真の相互運用性の達成に向けたあらゆる動きを歓迎する」と声明は述べている。「しかし、本日の発表はMicrosoftが過去に相互運用の重要性について出した少なくとも4つの同様の声明を踏襲したものであると当委員会は認める」(同声明)

 欧州委員会はさらに、Microsoftの発表は同社に対する独禁法違反の調査に影響を与えることはないとも付け加えた。

 「現在進行している相互運用性の調査の課程では、当委員会はMicrosoftが欧州連合の反トラストの規則に準拠しているかどうか、本日発表された原則が慣行として実施された場合にあらゆる違反行為が終了するのか、そして本日発表された原則が実際に慣行として実施されるのか否かという点を検証していく」と欧州委員会では述べている。「Microsoftによる本日の発表は、抱き合わせ販売の申し立てに対応するものではない」(欧州委員会)

 Microsoftの法律顧問であるBrad Smith氏は、21日の動きが「欧州委員会の決定に従おうとした」ものではないとし、「当社の独特な法的状況の現実と今後必要とされると当社が判断したもの、そして接続された世界における新しい機会とリスクとわれわれが見なしたもの」を反映したものであると述べている。

 「これらの措置は当社独自の判断で実施されたものである」とSmith氏は言い添えた。

 オープンソースコミュニティーの指導的な人々は、Microsoftがハイボリューム製品のAPIを「すべて」詳細に公表し、相互運用性に関連する同社のソフトウェア特許をリストし、同社製品を使用した非商業的な実装製品を提訴することを控えるとした同社の発表に対してさまざまな反応を示した。

 「Samba」オープンソースコミュニティーの主席開発者であるJeremy Allison氏はこの動きを歓迎した。「わたしは基本的に肯定的だ」とAllison氏はCNET News.comの姉妹サイトであるZDNet.UKに対して語った。「Microsoftはそのような(特許権による)方法の方がより多くの金がもうかるし、より多くの権力も手にすることができると気づいたのだと思う。一見したところ良いことのように思う」(Allison氏)

 Allison氏は、SambaのコミュニティーはMicrosoftが提供しているプロトコルにすでにアクセスしていたので、今回の発表はコミュニティーには何らの影響も与えないだろうと述べた。

 「かつては(守秘義務契約書)と保護文書に署名する必要があった」とAllison氏は述べる。「現在ではMicrosoftは(仕様を)誰にでも公開しているが、同社は最初からそうするべきだった」(Allison氏)

 しかしOpen Source ConsortiumのMark Taylor氏は、Microsoftの発表は「巧妙なだまし」に過ぎないと述べる。

 「MicrosoftはオープンなAPIへのアクセスを認めると言っているが、それには条件がある」とTaylor氏は指摘する。「よくある話だ。特許権保護が適用され、人々はMicrosoftに特許権使用料を支払った場合に限ってAPIを商業的に使用できる。Microsoftはオープンソースに自らのビジネスモデル(テクノロジを所有すること)を適用することによって誰でも利用できる公有地を囲い込もうとしている」(Taylor氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化