編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

フォトレポート:絵で見る「Vista SP1」インストールの失敗例 - 13/16

高橋美津

2008-03-25 20:16

マイクロソフトは米国時間の3月18日、Windows Vista Service Pack 1の一般向けダウンロード提供を開始した。Window Updateによる自動インストールは4月半ばからのようだが、現在Vistaを使っているユーザーの中には、それを待たずに手動のUpdate、あるいはスタンドアロンインストールを行ったというユーザーもいるだろう。筆者も先週末に早々のSP1適用を試みたのだが、結果は残念ながら失敗に終わってしまった。無印のVista自体は、デバイスマネージャやイベントビューアなどで見る限り、特に何の問題もなく動作している。そのため、筆者の環境だけが特別なのかどうかは分かりかねるのだが、参考までに失敗に至るまでの作業の過程を示しておく。ちなみに、無印Vistaのエディションは「Ultimate」で、Windows XP SP2からのアップグレード。上書きではなく、内蔵HDDを増設して、そちらへ別途インストールしたものである。まず、Vistaの「コントロールパネル」から「Windows Update」を起動した。
マイクロソフトのサポートサイトが表示された。このページ、米国で公開されている技術情報を、機械翻訳したものをそのまま提供している。そのため、言わんとしているところを読解するのが一苦労だ。何とか読んでみると、5つほどの解決策が示されており、「再起動」「チェックディスク」「メモリ診断」「スタートアップ時に常駐するプログラムを停止しての再起動」「システムスキャン」のようだ。

マイクロソフトのサポートサイトが表示された。このページ、米国で公開されている技術情報を、機械翻訳したものをそのまま提供している。そのため、言わんとしているところを読解するのが一苦労だ。何とか読んでみると、5つほどの解決策が示されており、「再起動」「チェックディスク」「メモリ診断」「スタートアップ時に常駐するプログラムを停止しての再起動」「システムスキャン」のようだ。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]