注目集めるデータ暗号化でエンドポイントを保護--チェック・ポイント

末岡洋子 2008年04月18日 20時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イスラエルのCheck Point Software Technologiesはファイアウォールベンダーとして知られるが、このところエンドポイントセキュリティ分野へ積極的に事業を拡大している。この分野では「Check Point Endpoint Security」というソリューションを提供しているが、その中核となるのが同社が買収したPointsecのデータ保護技術だ。

 政府や企業によるデータ漏えいが後をたたないが、同社のデータセキュリティ部門プロダクトマーケティングディレクターのDavid Vergara氏は、「データ暗号化はますます重要になる」という。ディスク暗号化を中心に話を聞いた。

データセキュリティが必要とされています。この背景には何があるのでしょうか

Pointsec出身のDavid Vergara氏 Pointsec出身のDavid Vergara氏

 1つ目の理由として、情報の種類が変わってきていることが挙げられます。

 現在、従業員のノートPCやモバイルデバイスには、多くの機密情報が格納されています。これは「リスク」を意味します。ここ1年を見ても、データ漏えいが何度もニュースのヘッドラインを飾りました。代表的なものに、英歳入関税局(HMRC)の2500万人分とされるデータ紛失があります。このような個人情報の漏えいは、ID窃盗に利用される可能性があります。

 悪意ある攻撃者は、情報の価値を理解しています。ターゲットはモバイル端末だけではありません。2年前なら端末を盗んでeBayで売るという程度でしたが、現在は端末を盗み、これを売る前に中の情報も見るようになりました。このような個人情報はブラックマーケットで売買できるからです。

 2つ目に規制があります。

 SOX法をはじめ、さまざまな規制があります。金融業界は特に、多くの規制に遵守しなければなりません。米国には連邦法と州法の2つがあり、約半分の州でデータ漏えいの際の開示を義務付ける規制が導入されています。

データセキュリティ導入の妨げとなっているものは?

 導入の初期プロセスでつまづくケースがあります。

 企業にはそれぞれ独自のセキュリティポリシーがあり、まず最初にビジネス要件を定義する必要があります。そして、それを実現する技術を検討することになります。これは煩雑な作業になりかねません。

 Check PointのEndpoint Securityは大企業を中心に、ほとんどの企業のニーズを満たします。顧客はプロセスの自動化、透明性を望んでいます。ノートPCにデータ暗号化を実装した後は、ユーザーがログオフすれば自動的にマシンに暗号化がかかります。

 IT担当者は、エンドユーザーに目に見える変化があることを望みません。かといって、自分の環境やITの運用に影響を与えることも望みません。自社のセキュリティ要件を満たし、容易に実装可能で、拡張性があり、管理しやすいソリューションを望んでいます。

パフォーマンスへの影響は?

 パフォーマンスを心配する声がありますが、暗号化されていないマシンと暗号化されたマシンとでパフォーマンスの比較テストを行ったところ、3〜4%の劣化に過ぎませんでした。エンドユーザーにはほとんど感知できないレベルです。

他社製品との差別化は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化