電機大手の2008年--PC事業から業界を読み解く

大河原克行 2008年06月03日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低迷が続く国内PC事業

 前回は薄型テレビ事業から電機各社の2008年を読み解いた。最終回となる今回は、もうひとつの視点として、主要メーカーのPC事業を見てみよう。

 Windows Vista発売以降も国内PC市場全体では低迷が続いているが、海外PC市場の伸張にあわせて事業を拡大しているメーカーが目立つのが特徴だ。

 国内最大シェアを誇るNECは、国内PC出荷台数が前年比2%減の267万台。Windows Vistaを擁した1年となったが、出荷台数は2年連続での減少となった。

 同社では「トップシェアは確保したと考えている。また、メモリ価格が下落するなど、部材価格が好環境下で推移したことで、PC事業の黒字幅が拡大した」と語る。

 また、2008年度は「生産革新活動の成果などにより安定的な黒字確保に向けた施策を展開するとともに、Luiによる新市場開拓に挑むことで、売上高は4%増の5550億円、営業利益は約100億円を見込む」と意気込みをみせている。出荷台数も前年比3%増の275万台とし、3年ぶりの成長を計画する。

 富士通は国内向け事業が堅調に推移したほか、北米、アジアで成長。今後も製造から物流まで徹底した改善および効率化を進め、高品質な製品をいち早く市場に投入できる体制を構築していくという。

 PCの出荷台数は2007年度実績で4.3%増の881万台。2008年度の計画は5.6%増の930万台とした。

 VAIOが好調なソニーは、2007年度にPC事業で過去最高の利益を達成した。

 大根田氏によると「Blu-ray Discドライブ搭載の高付加価値モデルの販売が好調であったことが影響している」ほか、海外での販売が増加したことが貢献しているという。

 VAIOの販売台数は前年比30%増の520万台。2008年度は31%増の680万台を見込む。

 東芝は台数ベースでの目標は公表していないが、2007年度のPC事業の売上高は7%増の1兆404億円、営業利益が497%増の412億円。2008年度は6%増の1兆1000億円、営業利益は27.2%減の300億円と見込んでいる。

 西田氏は「2007年度は1兆円を突破し、収益も大幅に拡大した。PC事業のさらなるグローバル展開と、当社の先進技術の搭載による差異化製品の投入によって、事業拡大を図っていく」と強気の姿勢を見せている。

 なお、コンシューマPC事業からの撤退を発表している日立製作所は、2007年度実績で前年比31%減の482億円となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化