編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

クラウドコンピューティング--希望の光か、それともただのマーケティング用語なのか

文:David Tebbutt(Freeform Dynamics) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、坂野裕史

2008-06-27 08:00

 これほど多くの人たちがクラウドコンピューティングについて語っているのだから、それが何であるかを知っておいても損はないだろう。リサーチ会社であるFreeform DynamicsのDavid Tebbuttが用意したいくつかの答えを見てみよう。

 マーケティング担当者たちは次のはやり言葉を「クラウドコンピューティング」に決めたようだ。驚くほどではないが、この言葉の意味は、聞き手がだれであるかによって大きく異なる。だから、それが明らかになるまで、実際的な会話をすることができない。

 ほとんどの人にとって、クラウドコンピューティングは、それに対して支払いをするが、それについて心配する必要がないIT分野の何かを意味する。この「何か」は、ハードウェア、ソフトウェア、またはそれら2つの組み合わせとして提供されるサービスのどれであっても不思議ではない。

 少し詳しく見てみると、買い手と売り手にとって有益なように経済性を高めるためには、より多くのアプリケーション、処理、ストレージを仮想化できれば、全体的に見返りが大きくなることがわかる。

 これは、価格設定がある程度コストを反映したものになることを前提にしている。今はそうでなくても、競争が激しくなり、さまざまな参入企業が体制を整えるにつれて、遠からずそうなるだろう。

 クラウドコンピューティングは細部で異なっていても、そのすべてがキャパシティの制限を乗り越えるために設計されていて、通常はIT部門のキャパシティが対象になる。需要のピークに対応したり、処理が集中しがちなアプリケーションを実行したりするために必要とされる場合がある。

 SaaS(Software as a Service)は多かれ少なかれ、使い始めるのにちょっとした設定だけが必要な既製のアプリケーションから構成されている。その他のクラウドコンピューティングは、たとえば電子メールのスパムフィルタのようなIT部門向けのサービスだ。

 クラウドコンピューティングを利用すれば、何を求めるかに応じて、生産的な結果を得るまでの時間を短縮したり、先行投資の支出を通常のサービス料金で置き換えたりできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]