編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サイバーテック、XMLデータベース「Cyber Luxeon」の新版を発表--運用面の品質を向上

CNET Japan Staff

2008-06-30 18:42

 サイバーテックは、同社の開発販売するXMLデータベース「Cyber Luxeon(サイバー・ラクセオン)」の新版を7月7日に出荷すると発表した。

 同製品は、主に製造業の製品情報管理分野で多く使われているXMLデータベースで、最新版では、ユーザーのフィードバックを元に、運用面の品質向上を中心とした機能強化が図られているという。

 Windows Server 2003およびXP professional版の「Cyber Luxeon 2.0.5」では、クライアント/サーバ間の接続を保持するかどうかを設定できる「ConnectionPooling」に対応。また、最大接続数の設定による制限が可能になったほか、IPアドレスの変更によるDB接続への影響を防ぐ「IPAddressAny接続」に対応した。

 Redhat Linux ES4およびSolaris10版の「Cyber Luxeon 2.1.1」では、全文検索ターボサーチ機能に関する改善が行われているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]