編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMLコンソーシアム、国内でのXML技術の利用状況をまとめた「XML利用実態俯瞰図」を公開

CNET Japan Staff

2008-07-08 20:21

 XMLコンソーシアムは7月8日、国内におけるXML技術の利用状況について、コンソーシアムの会員企業を対象に調査した結果を「XML利用実態俯瞰図−第1版」としてまとめ、同コンソーシアムのウェブサイトで公開した。

 この調査は、XML1.0勧告以来の10年間に、XMLが実社会においてどのように利用されるようになったかの実態把握を目的としたもの。個々のケースでのXMLの利用実態をアンケート調査するとともに、「業種と業務」「サービスコンポーネント参照モデル」「XML技術」の3つの層での関連性を示しており、国内におけるXML利用の大まかな現状と傾向を俯瞰できる。

 第1版における調査対象はコンソーシアムの会員企業のみだが、今後XMLコンソーシアムでは、調査対象を会員外にも拡大し、「XML利用実態俯瞰図」の継続的な更新を行っていく予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]