レッドハット幹部「仮想化技術は将来的に無料になる」と予測

文:Peter Judge(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦 2008年09月11日 13時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatが、仮想化技術は将来的にすべてのOSに無料で搭載されると予想する一方で、自社製品の品ぞろえを充実させるために取り組んでいる2つのハイパーバイザの役割を詳しく説明した。

 Red Hatは現在、新たに買収したQumranetが開発していた「Kernel-Based Virtual Machine」(KVM)を利用して、カーネルベースのハイパーバイザを開発中だ。同社で製品および技術部門を率いるPaul Cormier氏は英国時間9月10日、これが実現すれば、仮想化に最適化された新しいハードウェアの性能とパワーマネージメント機能が向上すると述べた。

 だが、Red Hatは、少なくとも2013年までは同社製品の「Red Hat Enterprise Linux 5」(RHEL 5)にバンドルされているハイパーバイザ「Xen」のサポートを続ける意向だ。これはRHEL 5のサポートの一環であると同時に、x86ベースの旧世代ハードウェアにおける仮想化技術をサポートするためでもある。

 「KVMはクリーンで、アップストリーム側のLinuxコミュニティーに受け入れられている。すべてのLinuxディストリビューションにこの仮想化技術が組み込まれるだろう。KVMは後から追加したり、移植したりする技術ではない」とCormier氏はロンドンで行われたRed Hatの報道陣向けイベントで語っている。

 そのうえでCormier氏は「一方、Xenを採用したのは当時としては正しい決断だったし、今でもそうだ。われわれは誰よりもXenプロジェクトに貢献しているし、XenはRHEL 5にしっかりと組み込まれている」と続けた。Xenおよび「VMware」はKVMよりも早い時期に開発されたため、仮想化に最適化されていないIntelのx86ベースのハードウェアに対応する必要があったと同氏は説明し、次のように述べた。「VMwareとXenは多くのタスクをこなさなければならず、それが性能に影響を与えている」

 このため、Cormier氏によれば、現時点での仮想化技術の用途(サーバのおよそ10%に搭載されている)は、主としてテストや開発目的だという。たいていのユーザーは、性能や節電の面で、実稼働環境にある規模の大きいサーバに実装できるほどに仮想化技術を最適化できないと考えている。

 仮想化技術は今後5年以内に90%のサーバに実装されると予想されているが、そのためには、仮想化技術によるハードウェア管理を強化する必要がある。ここがKVMの出番だ。KVMはカーネルに統合されており、IntelとAMDが新型プロセッサで仮想化のために提供している拡張命令セットを使用できるからだ。

 今回の報道陣向けイベントではRed Hatの最高技術責任者(CTO)であるBrian Stevens氏も発言し、「Xenは旧世代のハードウェアにおいて仮想化技術の草分けとなったが、KVMは新世代のハードウェアを念頭に置いて作られている」と語った。Red Hatは仮想マシン用の共通APIを提供する抽象化ライブラリ「Libvirt」を開発し、すでに広く採用されているので、両方のハイパーバイザを使用してもユーザーには問題は生じない。

 最近になってMicrosoftが仮想化市場で活発な動きを見せているが、Red Hatはこれを意に介さないと主張し、Microsoftが仮想化製品「Hyper-V」を実質的に無償で提供しているのは、純粋に商用のVMware製品を攻撃するためだけだと指摘した。「MicrosoftはVMwareに目を付けている」とCormier氏は述べている。

 Cormier氏は、RHEL 5は既に無償で仮想化技術を搭載していると指摘した。「われわれは仮想化技術を追加したときに、RHELを値上げしなかった」とCormier氏は述べ、オープンソースモデルは仮想化サーバに非常に適していると語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化