MSのホステッドサービススイート「BPOS」は10月にリリース

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-09-26 07:03

 Microsoftは「Business Productivity Online Suite(BPOS)」として知られる同社によるホステッドサービスのスイートの最後の仕上げに取り掛かっているところである。

 Microsoft Online Servicesブログの9月25日の記事によると、MicrosoftはBPOSの最終版に近いテストビルドであるリリース候補版(Release Candidate)を米国時間9月26日に提供し、ユーザーに対してBPOSの最終ビルドが30日以内にリリースされるはずだと伝える予定だという。新エントリからは以下の通りである:

 「その日からBPOSは米国内で購入できるようになる。BPOSのTAP(Technology Adoption Program)プログラムの参加者あるいは現在のBetaユーザーは、GA(一般向けの提供)以降30日間、引き続き同サービスを無料で使用することができる。」

 BPOSは「Microsoft Exchange Online」「Microsoft SharePoint Online」「Microsoft Office Live Meeting」カンファレンシング、「Microsoft Office Communications Online(Office Communications Serverのホステッド版)」そして管理ポータルの「Microsoft Online Administration Center」をバンドルしたものである。

 Microsoftはこの同社がホストするサービスを、当初対象としていた大企業だけでなく、すべての規模の顧客に対して売り込んでいる

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]