Vista/Windows Server 2008のSP2ベータ、招待状が送付される

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-10-20 01:31

 選ばれたテスターたちが、VistaとWindows Server 2008のService Pack(SP)2ベータへの招待状を受け取っていると伝えている。

 SP2の招待状の提供を最初に伝えたのはNeowinであった。ほかのテスターも今はその報道を認めている。新サービスパックのためのさらに広範なSP2ベータは今後4週間内に開始される見込みであるとNeowinは述べている。

 筆者が最近指摘したとおり、選ばれたごく僅かな数のテスターはすでに、Vista SP2のテストビルドを手にしている(Windows Server 2008も入手しているかは定かでない)。

 Microsoftの目標は、同社がWindows 7をリリースする前に両SP2の最終バージョンを提供することであると聞いている。Windows 7は2009年後半に製造工程向けリリース(RTM)される見込みである。Microsoftの考えはこうだ:次期サービスパックを、次のWindowsクライアントとサーバのフルリリースの前に出すことで、顧客の混乱を緩和することができる。

 Neowinによると、Vista SP2は「Windows Search 4」、VIAの64ビットCPUおよびBluetoothのサポートを取り入れる予定であるという。Windows Server 2008 SP2は後方互換性を特色とし、Terminal Servicesライセンシングキーや多様なパフォーマンスまたは管理可能性機能を備えるという。(Microsoftはまた、Hyper-VをWindows Server 2008 SP2に取り入れるとも筆者は聞いている。)

 MicrosoftはいずれのSP2に関してもタイミングと機能についてはコメントしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]