編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Vista/Windows Server 2008のSP2ベータ、招待状が送付される

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-10-20 01:31

 選ばれたテスターたちが、VistaとWindows Server 2008のService Pack(SP)2ベータへの招待状を受け取っていると伝えている。

 SP2の招待状の提供を最初に伝えたのはNeowinであった。ほかのテスターも今はその報道を認めている。新サービスパックのためのさらに広範なSP2ベータは今後4週間内に開始される見込みであるとNeowinは述べている。

 筆者が最近指摘したとおり、選ばれたごく僅かな数のテスターはすでに、Vista SP2のテストビルドを手にしている(Windows Server 2008も入手しているかは定かでない)。

 Microsoftの目標は、同社がWindows 7をリリースする前に両SP2の最終バージョンを提供することであると聞いている。Windows 7は2009年後半に製造工程向けリリース(RTM)される見込みである。Microsoftの考えはこうだ:次期サービスパックを、次のWindowsクライアントとサーバのフルリリースの前に出すことで、顧客の混乱を緩和することができる。

 Neowinによると、Vista SP2は「Windows Search 4」、VIAの64ビットCPUおよびBluetoothのサポートを取り入れる予定であるという。Windows Server 2008 SP2は後方互換性を特色とし、Terminal Servicesライセンシングキーや多様なパフォーマンスまたは管理可能性機能を備えるという。(Microsoftはまた、Hyper-VをWindows Server 2008 SP2に取り入れるとも筆者は聞いている。)

 MicrosoftはいずれのSP2に関してもタイミングと機能についてはコメントしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]