モジラ会長インタビュー:「Google Chrome」には動じない

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年11月25日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationの会長で、「トカゲ世話役主任」でもあるMitchell Baker氏にとって、事態はますます複雑化している。

 Microsoftの「Internet Explorer」がMozillaの「Firefox」の唯一のライバルであった日々は過ぎ去った。新しいオープンソースのブラウザである「Google Chrome」が登場したのだ。しかもそれは、Mozilla Foundationの2007年の収入である7500万ドルのうち、6600万ドルをもたらした会社からだった。

 「Opera」や「Safari」など、ブラウザの選択肢はほかにもあるが、Chromeは、技術通で新しもの好きのGoogle検索の達人たちに受け入れられる可能性が高い。彼らはこれまで「Firefox」を熱烈に支持していた。しかし、Baker氏は心配していない。

 同氏は、ひとつには、Mozillaが得ているGoogleからの収入は、ユーザーがMozillaに内蔵されているGoogle検索機能を使ったときに発生する共有広告収入だと主張する。つまり、Mozillaはただの広告パートナーだということだ。周知の通り、米司法省の独占禁止法違反での法的措置の懸念からGoogleはYahooとの提携を断念したが、Googleははるかに大きいライバルであるYahooに広告パートナーのステータスを拡大したいと考えていた。

 もうひとつは、同氏にはChromeの市場シェアが脅威に感じられないということだ。もちろん、無関心なわけではない。筆者は米国時間11月18日、Google、Chrome、新しいHTMLバージョン5、ウェブの未来などについて、同氏の意見を求めた。ここでは、そのインタビューの一部をお届けする。

--Mozillaは2007年、7500万ドルを稼ぎました。この数字にはどのくらい意味がありますか。

Baker氏:私たちにとっては大きな数字です。私たちが期待していたのに近いものであり、満足しています。事業を維持し、さらにいくらか貯金するのに十分な金額です。私たちは柔軟性と自由を確保しつつ、この収入を上げることができました。

--Mozillaが急成長した2006年の収入と比較すると、わずか12%の増加です。確かに、検索を行うユーザーは増えています。成長率が弱まっている理由は何ですか。

Baker氏:多くの場合と同様、(事実上)大量購入割引があるからです。たいてい、量が増えると、1つ当たりの受取金額は減ります。1検索当たりの収入も正比例ではありません。

--Mozillaはブラウザ検索ボックスおよびホームページでGoogleから収入を得ていますが、どちらも初期設定はGoogleでしたよね。

Baker氏:その通りです。けれども、ほとんどの人たちが忘れていることですが、私たちはGoogleだけでなく、Yahooとも契約しています。Googleの市場シェアと初期設定が意味しているのは、(Mozillaの収入の)大半がGoogleによるものだということです。少額ですが、私たちはAmazonからも収入を得ています。

--収入のベースはFirefoxのダウンロードですか。それとも、検索クエリですか。

Baker氏:「Google AdSense」(ほかのサイトにGoogleの広告が表示され、広告がクリックされると、Googleが収入の一部を得られる)でウェブサイトを閲覧するのに似ています。広告を配信するための仕組みです。

--では、Mozillaは広告収入で資金を得ているということですか。

Baker氏:おっしゃる通りです。AdSenseプログラムではなく、広告収入です。

--GoogleがChromeを手にした今、いずれ収入がなくなってしまうという不安はありませんか。

Baker氏:私たちは慎重に見守っています。しかし、特に心配しているかといえば、そうでもありません。Chromeはある程度の市場シェアを獲得すると思いますが、急増するとは思っていません。Mozillaの市場シェアは拡大し続けており、今後も順調だと思います。GoogleとMozillaの仕事面での関係は、双方にとって良好です。

--ChromeはFirefoxの開発にどのような影響をもたらしていますか。

Baker氏:オープンソースとコミュニティーという、私たちの取り組み方法は変わっていません。Googleには、非常に優秀な人材と、私たちが想像する以上のリソースが豊富にあります。GoogleとChromeからは興味深い画期的なものが登場すると思いますし、そう願っています。ブラウザの世界ではすばらしいアイデアが行き交っています。Chromeで披露される新しいものは私たちすべてに恩恵をもたらしてくれるでしょう。Mozillaについていえば、私たちはNIH(自前主義)症候群に陥ってはいません。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]