編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Vista SP2の「Beta 2」が誰でも入手可能に

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-12-06 04:03

 今週に入って指摘していたとおり、Microsoftは「Windows Vista」と「Windows Server 2008」の2回目のサービスパックのベータプログラムを提供する範囲を拡大した。

 米国時間12月4日現在、誰でもSP2の最新のテストバージョンをダウンロードできるようになった。これはVistaとWindows Server 2008の両方に適用される。以下からこれらの製品を入手できる:

 SP1はSP2のBeta 2バージョンの必要条件となる。(そして忘れてはならないが、Windows Server 2008はSP1と考えられている。RTMされた後、Windows Server 2008のための単独のSP1はリリースされていない

 VistaとWindows Server 2008のSP2最終バージョンは、来年前半に予期されている。Microsoftの目標は、「Windows 7」と「Windows 7 Server」(別名「Windows Server 2008 R2」)――同社が同時リリースを目指しているWindowsクライアントとWindows Serverの次期バージョン――をリリースする前にSP2を出すことである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]