米ヤフー、検索プラットフォーム「Search BOSS」の有料化を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年02月12日 17時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooが2008年に「Yahoo Search BOSS(Build your Own Search Service)」を発表した際、同社はこのサービスから収益を上げる計画であると述べていた。そして米国時間2月11日、同社は検索データの大量使用に課金するという新たな方法を発表した。

 YahooのBOSSチームに所属するAshim Chhabra氏によるブログ投稿によると、YahooはBOSSのアプリケーションプログラミングインターフェース(API)の使用に課金する予定であるという。他のウェブサイトはBOSSのAPIを使用することで、Yahooから検索データを取得し、自らのコンテンツの目的に合うように加工することができる。Yahooはこれまで、トラフィック量の多い他のサイトに対して、検索結果の横にYahooの検索広告を表示してもらうことで、BOSSの収益化を図る計画であった。

 Chhabra氏によると、今回の新しいアプローチにより、企業は独自の商業目的を追求できるようになるとともに、制約が緩和されることでBOSSをより有効に利用できるようになるという。

 Chhabra氏は「われわれは2つの理由から課金制度を導入する。まず、最も重要なこととして、われわれはBOSSの機能とパフォーマンスの双方を改善するさまざまなテクノロジに懸命に取り組んでおり、こういった開発を支えるために使用料金が必要となってくるのである」と述べるとともに、「第2に、今回提案している価格体系を導入することで、プロ意識の高い開発者の最適化能力によってエコシステムを改善できるようになると信じている」と述べている。

 BOSSは、検索分野における強敵Googleに対する競争力を強化しようとするYahooの取り組みの一環である。なおNielsen Onlineによると、Googleは1月時点で、競合他社を抑えて市場シェアのトップを誇っているという。

 今回緩和される制限の1つとして、1回のBOSS API呼び出しで取得できる検索結果の数がある。新たに導入される価格体系では、この制限が50から1000に引き上げられることになる。またYahooは、他社に対してBOSSの信頼性を提示するために、サービスレベルに関する合意(SLA)を提供する予定である。

 BOSSの価格ページによると、この新価格体系は第2四半期後半に適用される予定であるという。該当サービスの利用者は、ユニット単位で料金を支払うことになる(1ユニットあたり10セント)。例を挙げると、1000回の検索に対する最初の100件の検索結果は10ユニットとなる。開発者は1日当たり30ユニットまで無償で使用でき、ピークタイム以外は単価が下げられる予定である。

「SearchMonkey」との連携

 Yahooはまた、SearchMonkeyが採用している一部のテクノロジをBOSSに取り込むことも発表した。SearchMonkeyでは、ウェブサイト側でマイクロフォーマットと呼ばれるコンピュータ指向の記述を付加しておくことで、Yahooの検索結果に特定の情報(例えばレストランであればその住所など)を含めることができるようになる。このアイデアは長期にわたって開発されており、「セマンティックウェブ」と呼ばれているものである。これによって理論上、ウェブページに表示されている内容をコンピュータに把握しやすいものとすることができる。

 Chhabra氏によると、BOSS APIは今後、取得した検索データ内の構造化されたデータに着目するような設定が可能になるという。

 また、BOSSは他にも2点の機能強化を明らかにしている。1つ目は、検索結果に表示される説明が170字から300字まで拡大されたことである。2つ目は、Yahooの「SiteExplorer」テクノロジのデータが利用できるようになったことである。この技術によって特定のウェブサイトでの人気ページや、そのウェブサイトにリンクしている他のサイトのリストを見ることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]