編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IT資源をデータセンターに集約--FCとEthernet統合した「FCoE/CEE」の重要性(後編)

辻 哲也(ブロケード コミュニケーションズ システムズ)

2009-03-31 08:00

前編はこちらです

FCoEの技術とメリット

 FCoE自身は非常に単純な技術であり、前述の通り“FCをCEEでカプセル化”しているだけである。つまり、上位層はFCそのままである。通常のFCとFCoEで異なるのが、ログインの仕組みだ。

 FCではファブリックサービスに対応する「well-known」アドレスというものが規定されており、ここでファブリック(FCスイッチ)上で動作する「ログインサーバ」を指定することで、各デバイスがFCファブリックにログインを行う。一方CEEを前提とするFCoEでは、この「ファブリックサービスを発見する」仕組みが必要であり、これを規定しているのが「FIP(Fabric Initialization Process)」である(図10)。

図10 図10:Fabric Initialization Process(FIP)

 CEEファブリック内ではFCのファブリックサービスが動作しているとは限らないため、発見にはマルチキャストを使用する。この発見プロセスでFCファブリックサービスを見つけることができれば、それ以降は通常のFCのファブリックログインを行うことでFCアドレスを得ることができ、それ以降の通信も可能となる。またCEEデバイスは当然MACアドレスを持つが、FCで使用するWorld Wide Name(WWN)は持っていないため、WWNを自動生成する仕組みが必要となる。これもFCoEファブリックが備える新しい仕組みの一つである。

図11 図11:FCoEフレーム
※画像をクリックすると拡大して表示されます

 FCoEでは、FCフレームを1:1でEthernetフレームにカプセル化する(図11)。ここで、FCフレームの中身は変更されない。上位レイヤは既存FCと同じであるため、FCoEでも既存のFCにおける運用管理の仕組みを踏襲することができる。この「FCの仕組みをそのまま活用できる」という点が、FCoEの最大のメリットである。

 FC-SANはこれまで、ブロックアクセスのネットワークインフラとして中心的な役割を果たし、広く普及してきた。現時点で、FCの総出荷ポート数は約2000万ポートにもなる。FCを前提とした管理手法や運用管理ツールなども広く使われており、これらが仮に新しい技術の登場ですべて変更されてしまうようだと、管理者にとって大きなデメリットである。

図12 図12:OSから見たCAN(Converged Network Adapter)
※画像をクリックすると拡大して表示されます

 しかしFCoEでは、FC-SANで培ったノウハウをほぼそのまま生かすことができる。SAN、そしてストレージ管理製品についても実装を大きく変更する必要はないため、導入の敷居は非常に低い。

 たとえばFCoE/CEEに対応したボードは「CNA(Converged Network Adapter)」と呼ばれるが、これは既存のFCのHBAとまったく同じように認識される(図12)。また「LUNマスキング」「ゾーニング」といった、ストレージ管理者にとってはお馴染みの手法もそのまま使用できる。つまり、FCoEとは「Ethernet(CEE)を“土管”にしたFC」であり、あくまでも「FC」なのだということを理解しておいていただきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]