編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、レガシーアプリを動かすMED-Vが加わったMDOPの最新版をリリース

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-04-04 10:48

 Microsoftは4月1日、デスクトップ仮想化管理製品「Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)2009」のダウンロード提供を開始した。「Windows Vista」ユーザーが「Windows 2000」や「Windows XP」などのレガシーアプリケーションを動かすための機能が利用できる。

 Microsoftがリリースした最新のMDOP 2009には、「Microsoft Enterprise Desktop Virtualization(MED-V)」の正式版が加わっている。MED-Vは、Microsoftが2008年に買収したKidaroの技術を土台としたもので、VistaのVirtual PCを利用してアプリケーションの動作を支援する。

 (MED-Vはこれが初のリリースとなり、Vista上でのみ動作するように作られている。Microsoftは「Windows 7」でも動作する将来バージョンも計画しているが、リリース日を設定してコミットする段階にはない)。

 MDOPは、「Software Assurance」ライセンス取得者のみに提供する機能や技術を集めたものだ。MED-V以外のツールとしては、「Microsoft Application Virtualization(App-V)」「Asset Inventory Service」「Advanced Group Policy Management」「Dianostics and Recovery Toolset」「System Center Desktop Error Monitoring」などがある。これらツールのうち、App-V(Windows 7で動作する「Cumulative Update 1」を追加)、Asset Inventory Services(バージョン1.5に)などは、最新版にアップデートされている。

 Microsoftは2009年中にMDOPを2回アップデートする計画で、今回のリリースは初のアップデートとなる。MDOPを利用するために登録したユーザー数は、直近の数字で1440万人という。

 MDOP顧客は、最新版をMicrosoft Volume Lisensingのサイトよりダウンロードできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]