編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MS、「Exchange Server 2010 Beta」公開--メールのスレッド表示など新機能を搭載

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-04-15 18:02

 Microsoftは企業電子メールサーバ次期版「Exchange 2010」で、電子メールをスレッド表示する機能に加えて、希望しないスレッドを「ミュート」にするオプションも提供する予定だ。

 Googleの「Gmail」で人気のスレッド機能と、ミュート機能は、Exchange 2010で予定されている新機能の1例だ。開発コード名が「Exchange 14」と名付けられた同サーバソフトウェアは、米国時間4月14日にパブリックベータ版としてリリースされた。正式版は2009年後半に出される予定である。

 これ以外の新機能として、Microsoftが「MailTips」と呼んでいるものがある。これは電子メールにおける過失を防ぐために警告を発する機能だ。

 MicrosoftのRajesh Jha氏は今週応じたインタビューで、「MailTipsは、電子メールを送信する前に救済してくれる守り神のような機能だ」と説明した。たとえば、大規模な配信リストの宛先へ電子メールを送信しようとする場合や、企業のファイアウォールの外へ添付ファイルを送信しようとする場合にユーザーへ警告する。

 Microsoftはまた、新しいアーカイブ機能もExchange 2010に搭載する計画だ。この機能を利用して、企業はユーザーの電子メールアーカイブを保存したり、自分のデスクトップPCやノートPC以外からアクセスするユーザーにアーカイブメッセージを表示することが可能になる。

 Exchange 2010の機能の多くは、ウェブベースの「Outlook Web Access」プログラムで利用できるが、デスクトップで利用するには2010年発売予定の「Office 2010」が必要となる予定だ。

「Exchange 2010」 提供:Microsoft

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]