編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Google I/O、ウェブの勝利宣言で開幕--HTML 5とAndroid 2のデモ披露

Yoichi Yamashita

2009-05-28 22:31

 米国時間の5月27日、カリフォルニア州サンフランシスコでGoogleの開発者カンファレンス「Google I/O)」が始まった。

 景気低迷や新型インフルエンザの影響が心配されたが、Googleにとっては「どこ吹く風」である。Appleのイベントでもよく利用されるモスコーニセンターが世界45カ国以上から集まった約4000人の開発者で埋めつくされた。

 そんな参加者の活気を代弁するように、オープニングに登場したGoogleのCEO、Eric Schmidt氏は「われわれの前に広がる素晴らしいチャンスを活かす時がやってきた」と宣言。「ウェブのプログラミングモデルが主流となる時を迎えた」と続けた。

Google I/O開幕のあいさつに登場したCEOのEric Schmidt氏 Google I/O開幕のあいさつに登場したCEOのEric Schmidt氏

なぜ今が、その時なのか?

 基調講演のスピーカーを務めたエンジニアリング担当バイスプレジデントのVic Gundotra氏は、以前MicrosoftでWindowsの採用を促すチームを率いていた。当時はウェブアプリのメリットを認めつつも、デスクトップアプリケーションに代わる存在になり得ないと主張していた。

 ところが2004年、GoogleがWindows用の衛星写真マッピングソフトの提供で注目されていたKeyholeを買収。その技術をまたたく間にGoogleマップに取り込んで見せた。ウェブの時代の到来を予感した同氏はMicrosoftを去った。

Gundotra氏はGoogleで何を感じたのか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]