Linux、2009年にUNIX、2010年にメインフレーム抜く--IDC Japan予測

吉澤亨史 2009年06月09日 12時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは6月8日、2008年における国内OS市場規模実績と2013年までの市場規模予測を発表した。Linuxが唯一好調で、UNIXやメインフレームの売り上げを抜くとみている。

 2008年の国内OS市場規模は、前年比0.7%減の1998億円。景気後退によるハードウェア出荷の不振がOSの売り上げ減少に大きく影響した。2008年から2013年の年間平均成長率(CAGR)はマイナス0.1%と予測している。

 このうち、クライアントOS市場は、中堅中小企業向けPCの出荷が大きく落ち込んだことが影響し、前年比0.5%減の1284億円となった。サーバOS市場も同1.2%減の714億円となり、2年連続で市場が縮小している。

 UNIXとメインフレームは大幅に減少し、Windows Server 2008のリリースがあったWindowsもx86サーバの出荷の低迷により微増に留まっている。その一方でLinuxは更新需要を着実に取り込み、サブスクリプションの更新率を高めたことに加え、データセンター事業者向けやHPC(High Performance Computing)向けの大型案件が寄与し、前年比18.3%増と大きく伸びた。

 2009年は、国内OS市場にとって非常に厳しい1年になるという。クライアントOS市場は前年比5.6%減と予測しており、特に企業向けPC出荷の落ち込みによる影響が大きいとした。2010年後半からは回復基調に転ずるが、2009年の下落が大きいことから2008年から2013年のCAGRはマイナス0.1%になるとIDC Japanでは予測している。

 サーバOS市場においても、サーバ出荷の落ち込みによる影響から前年比9.0%減となる見通し。こちらも2010年後半からは回復に向かうが、2008年から2013年のCAGRはマイナス0.1%になると予測している。

 OS別では、UNIXとメインフレームは2009年以降も大幅な縮小が続く。Windowsは2009年に前年比6.2%減となるが、2010年以降はプラスとなり、2011年には同8.5%増と成長のピークに達すると見ている。Linuxはサブスクリプションモデルによって安定的な売り上げが見込めるため、唯一2009年以降もプラス成長を持続し、2009年にはUNIX、2010年にはメインフレームの売り上げを抜くと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算