編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Azure」で相互運用性の取り組みを進めるマイクロソフト

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-07-09 10:18

 Microsoftがクラウドコンピューティングプラットフォームの「Azure」で約束していたことの1つが、Windowsと.NETのみを対象としたものではないということだ。

 もちろん、Azureは「Windows Server」を土台にしている。だがMicrosoftは2008年秋、AzureサービスプラットフォームはMicrosoft以外の開発ツールやプラットフォームのサポートも含むと述べていた。「Google App Engine」は現在、Python開発者にとっては最高のプラットフォームだが、他の言語を使う開発者にはさほどアピールしていない。AzureはGoogle App Engineとは異なり、Java、Ruby、PHP、そしておそらくは他の言語をサポートするとMicrosoftの担当者は約束していた。

 Microsoftは米国時間7月7日、PHPソフトウェア開発キット(SDK)「PHP SDK for Windows Azure」をリリース、PHPサポートを前進させた。Microsoftは5月、RealDolmenなどのパートナー企業を指名するとともに、AzureでPHPをサポートする計画を発表していた。

 ブログサイト、Interoperability@Microsoftによると、Microsoftのチームメンバー、Vijay Rajagopalan氏は次のように記している。

 7月のリリースで強調したい点は以下の2つだ。

  • ・「PHP SDK for Windows Azure」を「Zend Framework」に提出
  • ・PHPでの「Windows Azure Table Storage」APIの完成
  •  (Microsoftのエバンジェリスト、Anand Iyer氏がリンクを教えてくれた。感謝したい)

     Schakraが開発しMicrosoftが出資する「Java SDK for Azure」の“夏”版CTPも、ロードマップ上にある。同SDKが7月にリリースされるのかについては、まだ発表されていない。

     アップデート(7月8日):相互運用性の主席アーキテクト、Rajagopalan氏が本日指摘してくれたのだが、Microsoftは米国時間7月7日に、Java SDK for Azureのアップデートをリリースした。また、Ruby SDKの7月のアップデートもリリースされている。

     Microsoftはまた、Azureプラットフォームで主要コンポーネントの1つとなる「.NET Services」の7月版CTPも7月7日に公開している。7月版のテストビルドには、「Access Control Service」と「Service Bus」が含まれているが、ワークフローサービスは含まれていない。ワークフローサービスは、Azureの.NETの異なるバージョンと「Visual Studio 2010」の同期を優先させるために削除された。7月版の.NET Services CTPは、「Windows 7」リリース候補(RC)版にも対応している。

     (7月版の.NET Services CTPのリンクは、.NET ServicesチームのClemens Vasters氏より教えていただいた)

     MicrosoftはAzureの価格とライセンスについて、7月13日に米国で開催される「Worldwide Partner Conference」で詳細を明らかにすることになっている。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

    ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

    特集

    CIO

    モバイル

    セキュリティ

    スペシャル

    ホワイトペーパー

    新着

    ランキング

    1. 運用管理

      安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

    2. コミュニケーション

      PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

    3. クラウドコンピューティング

      【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

    4. セキュリティ

      セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

    5. セキュリティ

      SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

    NEWSLETTERS

    エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

    ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
    ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

    このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
    Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
    [ 閉じる ]