なぜマイクロソフトはLinuxドライバをオープンソースにしたのか?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子 2009年07月25日 15時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは先週、かつて激しく憎んでいたGNU General Public License(GPL)の下で自社技術を、それも2種類も公開した。米国時間7月20日にMicrosoftがGPLで公開したLinuxドライバ技術は、次期Linuxカーネルに組み込まれる計画だ。

 しかし、ZDNetの同僚ブロガー、Paula Rooney氏TechFlashのTodd Bishop氏の両氏が指摘しているように、Microsoftがこのような行動に踏み切った理由の1つはその後、Microsoftの説明とは違うところに発展している。

 Microsoftは当初、Linuxドライバ(LIC:Linux Integration Components)をGPL違反の形でライセンスしていた--Microsoftは当初、GPLとクローズドソースライセンスで公開されたコードを組み合わせて公開していたのだ。

 SuSE LabsのNovellフェローでLinux Driver Projectを率いるGreg Kroah-Hartman氏は7月20日、数カ月前、ある「コミュニティメンバー」からドライバについて相談を受け、Microsoftの提出は良い考えだと思ったと明かした。Kroah-Hartman氏がここで明かさなかったこと(その後、自分のブログに追加している)は、このコミュニティメンバーは“Linuxネットワーク配管工(Linux Network Plumber)”ことStephen Hemminger氏だったという事実だ。Hemminger氏は有名なLinux貢献者で、オープンソースネットワークベンダーのVyattaに勤務する主席開発者だ。

 Hemminger氏は自分のブログにて、Kroah-Hartman氏にアプローチした理由はMicrosoftのドライバが気に入っていたからではないと記している。アプローチしたのは、Microsoftがライセンスしている方法--オープンソースとクローズドソースのコンポーネントの組み合わせ--がGPLを侵害していると考えたためだ。

 私は7月21日の夕方、この情報が正確なのかどうかを確かめるためにKroah-Hartman氏にコンタクトをとってみた。以下は、電子メール経由でのKroah-Hartman氏と私のやりとりだ。

MJF:Hemminger氏が、MicrosoftがLICコードをGPLで公開した理由は、当初GPLを侵害していたためと主張しています。これは本当ですか?あなたは、GPLv2でコードを公開させる目的で、Ramji氏(Microsoftのプラットフォーム戦略担当Sam Ramji氏)らに対しGPL侵害を告げてコード公開を提案する必要があったのでしょうか?

Kroah-Hartman氏:私は何も「提案する」必要はありませんでした。私は明白な状況を指摘したまでです:)

MJF:もしこの情報が正確でなければ、(Hemminger氏の)コメントをどう解釈すればよいのでしょうか?

Kroah-Hartman氏:いいえ、正しいようにみえます。

 Microsoftがオープンソースライセンス規則に抵触するのは、これが初めてではない。同社は以前にも、OSIライセンス条項を守っていないのにコードをオープンソースライセンスで公開するとうたったために、CodePlexからコードを削除したことがある。

 今回の情報について、Microsoftに何かコメントがあるか問い合わせている。回答があれば、このブログで報告したい。

 アップデート(7月24日):数日の後、MicrosoftはブログサイトのPort 25経由で公式に回答した。Kroah-Hartman氏とHemminger氏が状況を説明しているにもかかわらず、Microsoftは当初の話を固守している。以下がRamji氏の回答だ。

Microsoftは、顧客、パートナー、コミュニティが共同でメリットを受けられるよう、GPLv2を選択した。

Microsoftの決断は、GPLv2が関連する義務に基づくものではない

 Ramji氏のコメントは率直な回答ではなく、GPL侵害という主張を指定するものでもない。だがどうやら、これ以上の情報は引き出せそうにない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]