編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ファイル共有機能OS「FreeNAS」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

吉澤亨史

2009-08-07 12:20

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は8月5日、「FreeNAS」にクロスサイトスクリプティング(XSS)およびクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が確認されたとして注意喚起を発表した。この脆弱性が悪用されると、FreeNASがインストールされたコンピュータ上で、悪意あるユーザーによって不正な操作が実行されてしまう可能性がある。

 FreeNAS.orgが提供するFreeNASは、ファイルサーバ機能に特化し、ウェブインターフェースによる管理機能を備えたOS。この0.69.1およびそれ以前のバージョンにXSSの、0.69.2およびそれ以前のバージョンにCSRFの脆弱性が存在する。

 XSSの脆弱性を悪用されると、ユーザのブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。また、CSRFの脆弱性が悪用されれば、コンピュータの停止やハードディスクドライブの初期化などをされる恐れがある。FreeNAS.orgは、この脆弱性の対策を行った最新版「0.7RC1」を公開しており、該当するユーザーにアップデートするよう呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]