ブロケードとネットワンシステムズが戦略的業務提携--クラウド環境の検証施設も共同で構築

藤本京子(編集部)

2009-09-01 18:53

 米Brocade Communications Systemsとネットワンシステムズは9月1日、ネットワークソリューションと保守およびサポートサービスの提供に向け、戦略的業務提携を結ぶことで合意したと発表した。

 この提携によりネットワンシステムズは、国内のデータセンターやサービスプロバイダ市場向けに、BrocadeのLANやSANの製品群をベースとしたネットワークソリューションの設計、構築、保守、運用、サポートなどを提供する。また、クラウドコンピューティング環境を支援するネットワークインフラの実現に向けて両社で連携を強化し、共同の検証施設となる「Virtual Cloud Lab.(VCL、仮称)」を2009年中に構築する予定だ。

 今回の提携は、クラウドコンピューティングや仮想化への流れを受け、大規模化および複雑化するデータセンターネットワークにおいて、これまで以上の性能と信頼性を実現し、顧客に広範囲な選択肢を提供する必要があるという両社共通の見解に基づき実現したものだ。両社が共同で構築する検証施設のVCLでは、クラウド環境で求められる性能や信頼性、拡張性、セキュリティ、可用性と、仮想化などの要件に対応するベストプラクティスの策定、マルチベンダー環境における動作検証、顧客向けソリューションの導入前検証サービスなどを実施する予定だ。

 ネットワンシステムズ 代表取締役社長の吉野孝行氏は、今回の提携が「ネットワングループの事業戦略に沿ったものだ」と話す。つまり、今回の提携で「(ネットワンの事業戦略の一部となっている)ネットワーク事業における差別化や、サービス事業の拡充、仮想化データセンター市場の獲得が実現できる」と吉野氏は説明する。

 ネットワンシステムズでは、社内にBrocade製品の販売や販売推進を担当する専門営業部門を設置する。また、ネットワンシステムズのグループ会社であるネットワンパートナーズを介し、Brocadeと共にリセラー企業へのトレーニングや営業支援プログラムなどを実施する。さらに、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーにて、IPからSANまでの技術教育プログラムを提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]