編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

Snow Leopardに古いバージョンのFlash Playerが付属

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-09-06 17:08

 Appleの新OSには、Macユーザーをハッカーの攻撃にさらす古いバージョンのFlash Playerが付属していることがわかった。

 Mac OS X 10.6(Snow Leopard)の最初のリリースには、Flash Player 10.0.23.1が付属しているが、これはかなり古いものだ。現在の完全にパッチが適用されたMac用Flash Playerのバージョンは、10.0.32.18となっている。

(参照:アップルがSnow Leopardにマルウェアブロッカーを追加

 さらに悪いことに、Integoはこの脆弱性を持つバージョンのFlash Playerは、MacユーザーがOSをアップグレードする前に、完全にパッチを適用していた場合にも導入されるという。

 Mac用Flash Playerの現在のバージョンは10.0.32.18だが、Snow Leopardのインストール後にFlash Playerのバージョン検証ページを閲覧すると、アップグレード前には最新のものをインストールしていた場合でも、バージョン10.0.23.1と表示される。

 Adobeもこの問題について認識しており、この問題について警告するセキュリティアラートを発表している。

 Mac OS X 10.6(Snow Leopard)の最初のリリースには、Adobe.comで提供されているものよりも古いバージョンのAdobe Flash Playerが付属している。すべてのユーザーに対し、最新のもっとも安全なバージョンのFlash Player(10.0.32.18)にアップデートすることを推奨する。このバージョンはSnow Leopardもサポートしており、http://www.adobe.com/go/getflashplayerからダウンロードすることができる。

 Snow Leopardには、Mac OS Xユーザーを攻撃する既知のマルウェアをブロックする、原始的なファイル検疫機能も追加されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]