編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SaaS、PaaS、IaaSの相互接続と分業を促進--ネットワンが業界団体設立を表明

大川淳

2009-09-10 21:31

 ネットワンシステムズは、SaaS事業者など12社と共同でオープンなクラウドサービス市場の構築支援を目的とした業界団体「クラウド・ビジネス・アライアンス」(CBA)を11月上旬に設立する。

 さまざまな形態のクラウド関連サービスについて相互の接続性を確保し、クラウド事業への参入障壁を低くするとともに、エンドユーザーが利用しやすいサービス環境の実現を目指す。

クラウドを体系化し、多くのユーザーに利用を訴求

ネットワンシステムズ会長の澤田脩氏 ネットワンシステムズ会長の澤田脩氏

 現在、クラウドサービスといわれる領域には、事業手法別に、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)の3形態がある。CBAでは、これらの異なるクラウドサービスを自由に組み合わせて利用することができるよう、オープンソースソフトウェアなどを機軸とした共通APIの評価検証や実装を行い、その結果を公開する。

 クラウドは単なるバズワードの域を超え、米国ではサービスの利用が一部で現実のものとなっているほか、大手ITベンダーが相次いで事業化あるいは事業戦略の策定に入るなど、本格化への胎動が始まっている。

 ネットワンシステムズ会長の澤田脩氏は、「サービスの利用者からみれば、国内ではまだクラウドサービスそのもの、あるいはその利点などが十分に明確であるとはいえない部分がある。クラウドサービスを体系化して分かりやすくし、すべての人が利用できるようにすることがCBAの設立目的だ」と話す。

SaaS、PaaS、IaaSを相互接続、明確な分業化を促進

 具体的な活動としては、まずAPIと運用管理のためのプロビジョニングツールの評価と検証を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]