ウェブサイトを改ざんする「Gumblar」に似た攻撃が発生、大感染の可能性も

吉澤亨史 2009年10月27日 12時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフセキュア、Kaspersky Labs Japan、セキュアブレインなど複数のセキュリティベンダーが、「Gumblar」に似た新しいマルウェアが検知されたと発表している。Gamblarは今春、正規のウェブサイトを改ざんすることで感染を拡大し、猛威をふるったウイルスだ。

 この新マルウェアは、ウェブサイトに難読化されたスクリプトファイルをアップロードする機能と、アップロードされたスクリプトファイルを自動的にダウンロード、実行させる機能を備えている。これにより、改ざんされたサイトにアクセスしたPCが感染して、新たな感染源となり、次々に被害が拡大していく可能性がある。

 以前Gumblarによる改ざん被害を受けたウェブサイトであっても、FTPサーバのIDやパスワードを変更していないなど、適切な対処をしなかった場合、再び悪意のスクリプトを埋め込まれる可能性がある。セキュアブレインの調査によると、Gumblarウイルスにより改ざん被害を受けたウェブサイト299件のうち、124件のウェブサイトで、新たな手法により再度ウェブサイトが改ざんされていることを確認したという。

 改ざん被害を受けたウェブサイトのうち、「co.jp」ドメインを持つ、日本の企業と思われるウェブサイトが23件あった。「ne.jp」ドメインを持つウェブサイトは18件、「or.jp」を持つウェブサイトは9件、「jp」ドメインを持つウェブサイトは29件であった。

 セキュリティベンダーではこのマルウェアへの対策として、ブラウザなどのスクリプトやActiveXの設定をオフにすること、Adobe ReaderやFlash Playerなどを含むブラウザのプラグインに最新のパッチを適用すること、一度感染が確認された場合はパスワードが盗まれている可能性が非常に高いため、パスワードを変更することを強く推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算