Mac OS Xに巨大パッチ公開--58件の脆弱性が修正される

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年11月10日 13時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleはMac OS Xのエコシステムに影響のある58件の脆弱性を修正する巨大パッチを公開した。

 セキュリティホールの多くは、遠隔からの攻撃者に未パッチのシステムに対する完全な制御を許してしまうもので、このアップデートの重要性は「極めて重大」にレーティングされている。

 今回のアップデートには、ApachやPHPなどのオープンソースコンポーネントに対するパッチや、QuickTimeのセキュリティホールに対するパッチも含まれている。

 以下に、セキュリティアップデート「2009-006 / Mac OS X v10.6.2 」が対象としている問題のうち、重大なものをいくつか挙げる(訳注:各項目の説明はAppleのサポートページから抜粋したものである)。

  • AFPクライアント:AFP クライアントには、メモリ破損の原因となる問題が複数あります。悪意のある AFP サーバに接続すると、システム権限によって、システムが突然終了されたり、任意のコードが実行される可能性があります。
  • Apache:Apache における複数の脆弱性が原因で、もっとも深刻な場合は、権限が昇格される可能性があります。このアップデートでは、Apache をバージョン 2.2.13 にアップデートすることによって、この問題に対応しています。
  • Apache:Apache Web サーバでは TRACE HTTP メソッドが許可されています。リモート攻撃者は、この機能を悪用し、特定の Web クライアントソフトウェアを通じて、クロスサイトスクリプティング攻撃を行う可能性があります。
  • Apache Portable Runtime:Apache Portable Runtime (APR) には、整数オーバーフローに関する問題が複数あり、アプリケーションが突然終了したり、任意のコードが実行される可能性があります。
  • ATS:Apple Type Services による埋め込みフォントの処理には、バッファのオーバーフローが発生する問題が複数あります。このため、悪意を持って作成されたフォントが埋め込まれている文書を表示またはダウンロードすると、任意のコードが実行される可能性があります。
  • CoreGraphics:CoreGraphics での PDF ファイルの処理では、整数のオーバーフローが何度も発生し、ヒープバッファがオーバーフローする可能性があります。悪意を持って作成された PDF ファイルを開くと、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される場合があります。
  • CoreMedia:H.264 ムービーファイルの処理時にメモリ破損が発生するという問題があります。悪意を持って作成された H.264 ムービーファイルを再生すると、アプリケーションが突然終了したり、任意のコードが実行される可能性があります。
  • CUPS:CUPS 内の問題によって、クロスサイトスクリプティングおよび HTTP レスポンス分割攻撃が引き起こされる可能性があります。悪意を持って作成された Web ページや URL にアクセスすると、現在のローカルユーザが利用できるコンテンツ (プリントシステムの構成や、印刷された仕事先の役職など) に、攻撃者が CUPS Web インターフェイスを介してアクセスできるようになる可能性があります。
  • 辞書:Dictionary には設計上の問題があり、悪意を持って作成された Javascript によって、ユーザのファイルシステム上にある任意の場所に任意のデータが書き込まれる可能性があります。これにより、ローカルネットワーク上の別のユーザが、ユーザのシステム上で、任意のコードを実行できるようになります。
  • DirectoryService:DirectoryService には、メモリ破損の原因となる問題があります。このため、リモート攻撃者によってアプリケーションが突然終了されたり、任意のコードが実行される可能性があります。このアップデートは、DirectoryService サーバとして構成されているシステムにのみ関連するものです。
  • ディスクイメージ:FAT ファイルシステムを含むディスクイメージの処理には、ヒープバッファのオーバーフローの原因となる問題があります。悪意を持って作成されたディクスイメージをダウンロードすると、アプリケーションが突然終了したり、任意のコードが実行される可能性があります。
  • Dovecot:dovecot-sieve には、バッファオーバーフローの原因となる問題が複数あります。悪意を持って作成された dovecot-sieve セキュリティを実装すると、ローカルユーザが、システム権限を使って、アプリケーションを突然終了させたり、任意のコードを実行できるようになる可能性があります。
  • ImageIO:ImageIO で TIFF 画像を処理すると、バッファのアンダーフローが発生する可能性があります。悪意を持って作成された TIFF 画像を表示すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行される可能性があります。
  • カーネル:カーネルのタスク状態セグメントの処理には、入力検証に関する複数の問題があります。これにより、ローカルユーザによって、情報が漏洩されたり、システムが突然シャットダウンされたり、任意のコードが実行される可能性があります。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]