編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

再編が進むプリンティング市場:キヤノンがオランダOceを子会社化

三谷智子(ガートナー ジャパン)

2009-12-03 17:56

gartner

 キヤノンによるOceの子会社化で、両社の技術や製品の相乗効果による、顧客へのサービスのさらなる強化が期待される。さらにキヤノンは、Oceの買収により商業印刷市場に本格的に参入し、地歩を築くことができるであろう。キヤノンのこの動きは、プリンティング市場を取り巻く環境の厳しさと、生き残りを賭けて再編が進む市場の状況を表している。

概要

 2009年11月16日、キヤノンはオランダのOceとの間で、Oceの買収および連結子会社化で合意したと発表した。キヤノンは今後、市場を通じて株式の公開買い付けを行い、Oceの発行済株式の100%を取得、子会社とする。キヤノンの子会社になった後もOceは、引き続き本社をオランダのVenloに置き、事業活動を継続する。キヤノンとOceは、技術や製品の開発などを共同で行い、両社の顧客に幅広い製品とサービスを提供するといった相乗効果により、顧客へのサービスをより強化することが可能になる。またキヤノンは、商業印刷市場に本格的に参入し地歩を築くことが可能になる。

(ガートナー 三谷智子氏による戦略分析の全文は、「再編が進むプリンティング市場:キヤノンがオランダOceを子会社化」)

Copyright (C) 2009 Gartner, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved.

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]