編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

「4年間で累計1500万トン以上のCO2削減を目指す」--富士通がグリーンITプロジェクトを強化

藤本京子(編集部)

2009-12-07 13:50

 富士通は12月7日、同グループ全体で推進するグリーンITプロジェクト「Green Policy Innovation」を強化すると発表した。

 富士通グループでは、グリーンITを提供することで顧客や社会の環境負荷を低減させるプロジェクトとして、2007年12月よりGreen Policy Innovationを開始していた。このプロジェクトの下、日本においては2007年度から2010年度の4年間で累計700万トン以上のCO2削減に貢献するとの目標を定めており、2007年度から2008年度の2年間で累計約223万トンのCO2排出量削減を達成した。

 富士通ではこの取り組みを強化し、グローバルでの新たな目標として、2009年度から2012年度の4年間で累計1500万トン以上のCO2削減を目指すとしている。

 具体的な取り組みとしては、グリーンテクノロジを適用した省エネルギーなITインフラの提供や、環境配慮型データセンターによるアウトソーシングサービス、環境コンサルティングサービスなどを提供する。

 省エネルギーなITインフラとしては、富士通研究所が開発した電源装置の電力損失を低減する窒化ガリウム高電子移動度トランジスタ(HEMT)などをはじめとするグリーンテクノロジを適用したIT機器を提供する。また、消費電力の見える化や運用の最適化、仮想化ミドルウェアなどとの連携も推進する。

 環境配慮型データセンターとは、小型省電力の温度および風速センサと富士通独自のアドホック通信技術による環境監視センサネットワークをはじめ、局所空調システム、熱流体シミュレーション、光ファイバを用いたリアルタイム多点温度測定技術などを適用したデータセンターだ。この環境配慮型データセンターにてアウトソーシングサービスを日本で提供する。

 環境コンサルティングサービスは、すでに日本やオーストラリアを中心に提供しており、オーストラリアの企業にてエネルギーコストとCO2排出量を20%以上削減する施策も提案している。今後は、これまでのサービス提供で培ったノウハウや各地域が持つコンサルティングの知識などを生かし、提供を拡大するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]