Windowsが取り入れるべきLinuxの美点10選 - (page 2)

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-12-11 11:59

4.アプリケーションインストールの集中化

 Linuxの新しいパラダイムに、一カ所からあらゆるものをインストールできるようにしたことがある。Ubuntu Software Centerがその仕事の大部分を成し遂げた。これによって、1つの場所で何十万というアプリケーションから必要なものを探し、インストールすることが可能になった。将来リリースされる(正確にはバージョン3の)Ubuntu Software Centerでは、商用ソフトウェアも利用できるようになる。

5.Cron

 私はcronが非常に気に入っている。cronを使えば、簡単にタスクを自動化できる。確かに、Windowsにサードパーティソフトウェアを追加することで、タスクの自動化を容易にすることはできるが、cronの柔軟性には及ばない。cronを使うことで、簡単なコマンドラインツールからいくつでも、いつでもタスクをスケジュールすることができる(お好みならGUIツールもある)。cronは管理のタスクにも、一般的なユーザーのタスクにも使用できる。作業を自動化する手段が組み込まれているのは、確かに便利だ。

6.定期的なリリースサイクル

 これは、MicrosoftがLinux陣営に真剣に学ぶべき分野の1つだ。ほとんどのLinuxディストリビューションは、新しいディストリビューションを定期的にリリースしている。素晴らしいことに、彼らは全力を挙げてそのスケジュールを守っている。例えばUbuntuを例に取ってみよう。それぞれのリリースには、.04バージョンと.10バージョンがある。.04バージョンはその年の4月にリリースされ、.10バージョンは、10月にリリースされる。これは、規則正しく行われている。したがって、Ubuntu 10.04は2010年4月にリリースされ、Ubuntu 10.10は2010年10月にリリースされることになる。時にはその月の最後の瞬間になるまで、それらのリリースがミラーサイトに置かれないこともあるが、可能な限り定期的にリリースされるようになっている。

7.rootユーザー

 現実を認めるべきだ。デフォルトの状態では、Windowsでは平均的なユーザーができることが多すぎる。電子メールの添付ファイルを開くだけで感染するようなたちの悪い小さなウイルスを書くことが簡単なのはそのためだ。Linuxのシステムでは、これは起こらない。システムにダメージを与えるためには、rootパスワードを知っている必要がある。例えば、ユーザーが電子メールの添付ファイルをクリックしたときに、その添付ファイルがroot(あるいはsudoers)のパスワードを要求してくれば、その添付ファイルが悪質なものだということはすぐに分かる。Windowsは、デフォルトで管理者ユーザーアカウントと通常ユーザーアカウントを切り離すべきだ。Windowsユーザーが新しいコンピュータを初めて起動したときに最初にすべきことは、管理者パスワードとユーザーパスワードを作ることであるべきだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]