日本ユニシス、ウェブコンテンツ管理システム「SDL Tridion2009」のSaaS提供を開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-13 21:52

 日本ユニシスは1月13日、エスディーエルトリディオン(SDL Tridion)およびタクトシステムズとシステム構築分野で協業し、ウェブコンテンツ管理(Web Content Management、WCM)ソリューション「SDL Tridion2009」のSaaS形式での提供を開始した。

 日本ユニシスは、2008年10月にiDC(Internet Data Center)を開設して以来、ICTホスティングサービスや各種ソリューションを順次SaaS化して提供している。SaaS型「SDL Tridion2009」のメリットとしては、複数サイトの効率的な運用、ブランド管理、多言語対応によるグローバルウェブサイトの展開などに適した「SDL Tridion2009」の機能を廉価で利用できることを挙げている。

 また、導入企業は1サイトのみの構築から利用することができるため、WCMを初期費用なし(コンテンツ制作費用は別途)で使い始め、ビジネスの拡張とともにサイト数を追加していくことができる。そのため、ウェブサイトの更新、管理負荷を軽減するとともに低コスト化を実現できるという。

 SaaS型SDL Tridion2009の利用料金は、月額39万円(税別)より。日本ユニシスでは、3年間で100サイトの構築を目指すとしている。

 SDL Tridionは、2008年3月の日本進出以来、ライセンス販売で市場開拓を図っていたが、今回、月額使用料によるSaaS型での提供も販売戦略に加えた形になり、さらに日本市場での展開を進めるとしている。また、導入、開発、保守については、タクトシステムズの擁する専門要員によるサポートを提供、ウェブサイト制作についてはウェブコンサルティング会社、コンテンツ制作会社、広告代理店などとの協業により、ユーザーの支援を行っていく予定という。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]