編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォーティネット、中規模企業向けの統合脅威管理アプライアンスを発表

小山安博

2010-01-19 17:56

 フォーティネットジャパンは1月19日、中規模企業向けの統合脅威管理(UTM)アプライアンス「FortiGate-200B」と「FortiGate-1240B」を発表した。

 FortiGate-200Bは、ファイアウオールとIPsec VPNのスループットがそれぞれ5Gbps、2.5Gbpsの中規模企業向けのエントリー製品で、リモートオフィスやブランチオフィスでの使用に最適だという。同1240Bは、スループットがそれぞれ40Gbps、16Gbpsというクラス最高性能を持った製品で、コンテンツプロセッサの「FortiASIC CP6」に加え、今回初めて次世代ネットワークプロセッサの「FortiASIC NP4」を搭載した。

 同社では従来、中規模企業向けに「FortiGate-310B」および「同620B」という製品を投入しており、今回発表した2製品で中規模向け製品のラインナップが完成したとしている。

 新製品の200Bは、16ポートのうち8つのギガビットイーサネットを搭載、全ポートがCP6により高速化されている。そのうちの4ポートは「FortiASIC NP2」によってさらに高速化されており、ファイアウオールは最大50万の同時セッションに対応する。

 一方の1240Bは、ギガビットイーサネットが40ポートで、38ポートがNP4で高速化されている。ファイアウオールの同時セッション数は最大で200万で、6つのストレージモジュールスロットに最大384ギガバイトまで拡張できる。

 1240Bには、新機能を追加したOS「FortiOS 4.0 MR1」が搭載されている。これにより、IPv6トラフィックのウイルススキャンとURLフィルタリングがサポートされたほか、ログの最適化やエンドポイントのネットワークアクセスコントロールが可能になり、データ漏えい防止機能が改善された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]