富士通と日本オラクル、SPARC EnterpriseとOracle DBの共同ソリューション開発センター設立

ZDNet Japan Staff

2010-03-03 13:16

 富士通と日本オラクルは3月3日、クラウドコンピューティングなどの次世代型ITインフラに対応したソリューションを検証、開発する「SPARC Enterprise - Oracle Databaseソリューション開発センター」を設立したと発表した。

 同センターでは、富士通のプラットフォーム製品の総合検証センターである「Platform Solution Center」と、日本オラクルのパートナーソリューションの共同検証センター「Oracle GRID Center」に設置されている「SPARC Enterprise」「Oracle Exadata」「Oracle Database 11g」を活用し、プライベートクラウドなどに代表される次世代型ITインフラのソリューションや、移行のための標準技術の開発、性能検証、顧客システムのベンチマークテストを実施する。

 富士通と日本オラクルでは2008年から両社で実施している共同ソリューションの検証ノウハウをさらに発展させ、SPARC EnterpriseおよびOracle Database 11g Release 2を活用したクラウドコンピューティングに代表される次世代型ITインフラソリューションの開発、検証を継続していくという。第1弾として、2010年度にフラッシュテクノロジを利用したデータベース超高速化ソリューションの検証を実施する予定だ。

 また、既存のITインフラから次世代型ITインフラへのスムーズな移行を実現するため、同センターでは「Solaris」および他社UnixプラットフォームからSPARC EnterpriseおよびOracle Database 11gを活用した次世代型ITインフラへの移行検証を実施し、ユーザーがプラットフォームやデータベース更改時に直面する課題を解決する移行標準技術を開発していくとしている。

 同センターでの活動を通して得られたノウハウは、SPARC EnterpriseとOracle Databaseを強固に結合し、システム性能を向上させる製品開発に生かしていくという。また、両社のSPARC Enterprise、Oracle Databaseのコンサルタント、システムエンジニアの教育にも活用する。

 さらに、本センターを基盤とし、既存のSolarisプラットフォームに加え、AIX、HP-UXなどのUnixプラットフォームや、 IBMのDB2といった他社データベースソフトからSPARC EnterpriseとOracle Database 11gによるシステムへの移行を推進する「Solaris移行サービス」の提供を開始するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]