編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

東京証券取引所、富士通の調査を示唆

冨田秀継(編集部)

2010-03-08 11:49

 富士通の前社長、野副州旦氏が同社に対して社長辞任の取消を求めている問題で、東京証券取引所(東証)は3月8日、ZDNet Japanの取材に応じ、同社に対して事実確認で調査する可能性を示唆した。

 東証では「個々の企業とのやり取りや、今後のことは言明できない」としながらも、富士通のように情報の開示が適正に行われなかった可能性がある場合、「一般的には事実確認をする必要がある。投資家目線に立ち、必ず確認することだ」と述べた。

 富士通の企業統治が根幹から揺らいでいる。2009年9月に突如辞任した前社長、野副氏が同社に対して辞任取消を求める通知書を送付。富士通は3月6日の臨時取締役会でこれを拒否し、同日付で野副氏を相談役から解任した。

 富士通は当初説明していた野副氏の辞任理由を「病気療養」から一転、好ましくない風評がある企業との付き合いを続けたことを中心に据えた。単なる富士通の「お家騒動」ではなく、投資家への適切な情報開示を怠った問題として受け止められる可能性が高い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]