英語道場で伝えたかった2つのメッセージ--エリック松永の英語道場(最終回) - (page 2)

エリック松永 2010年06月04日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 なぜ受験レベルの文法や単語を徹底的に頭にたたき込まなければいけないか、お分かりになりますか? それは簡単です。受験の英語は「ダサい」からです。徹底的にダサい英語を頭と口に覚え込ませることで、Coolな英語が感覚的に分かるようになるのです。逆に言うと、ダサい英語が分からない限り、Coolな英語は絶対に分からないのです。この部分を手抜きしてCoolな英語だけ覚えようとすると限界が見えてきます。ルールの見えないCoolな表現だけを常に暗記し続けなければならないハメに陥るからです。

 ダサい受験英語には、わかりやすいルールがついています。そのルールをベースにして「おおかっこいい!」と思った表現は、比較的すんなり頭に入るはずです。Coolな表現は使ってみたくなりますから、会話力にも一役買います。しかも、最悪Coolな表現を忘れてしまっても、最低限ダサい英語は身に付いているので、コミュニケーションはできるのです。これで無駄にあたふたすることも少なくなるでしょう。

 以上、たった2点です。これだけを信じて実行してみて下さい。これが英語道場50回を通したメッセージです。

努力は必ず報われる

まつながみか イラスト: まつなが みか

 King of POPであるMichael Jacksonが死去したという2009年6月25日のニュースは世界中に衝撃を与えました。同年7月からLondonを皮切りに50公演もの大規模なツアーを予定していた直前のことです。しかしMichaelは、最後のGiftとしてツアーのリハーサル映像を集めた映画「THIS IS IT」をプレゼントしてくれました。そこには、天才Michaelに最後に見いだされたギタリストOrianthi(オリアンティ)が登場します。Orianthiのひたむきに努力する姿は、他の選ばれたダンサー達と同様、私たちの心を打ちました。

I'm so happy. This is a dream come true. When MJ comes in the room to rehearse with me... his presence is amazing. It's pretty cool, really cool.

私は最高に幸せよ。夢がかなったんだもの。Michaelが私とのリハーサルで部屋に入って来た時の存在感は信じられないほどだったわ。本当にすてきだった、本当に。

 憧れに近づくには、努力は惜しくないもの。しかし努力なしに憧れに近づくことはできません。努力は英語でも同じです。Orianthi最高の見せ場であるギターソロを指導するMichaelは、彼女にこう言います。

Just hit your highest note! It's time for you to shine. We'll be right there with you.

一番高い音を弾いて! 君が最高に輝く時だ。大丈夫、僕たちは一緒にいるんだから。

まつながみか イラスト: まつなが みか

 努力は必ず何らかの形で報われます。そして、どこかに必ず見てくれる人がいる。そんな人達が力となり、一緒にいてくれるはずです。英語の学習の継続は難しい。でも、きちんと努力し続けていれば必ず報われる。どうせ努力するなら無駄な努力はしたくないですよね。そんな時にもう一度、英語道場を読み返してほしい。この英語道場が、これからの皆さんの何かのヒントになれば幸せです。

 今後も、もしかしたら私の記事や講演を目にしたり、直接お会いする機会があるかもしれません。そんな時は気軽に、

What's up man?

と声をかけて下さい。もちろん、私はこう答えるでしょう。

Excellent!!

Peace out,
Eric Matsunaga

Eric
筆者紹介

エリック松永(Eric Matsunaga)
Berklee College of Music、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科(修士)卒業。19世紀の米国二大発明家Graham Bellを起源に持つ米国最大の通信会社AT&Tにて、先進的なネットワークコンサルティングの領域を開拓。その後アクセンチュアにて、通信分野を柱に、エンターテインメントと通信を活用した新事業のコンサルティングをグローバルレベルで展開する。現在、通信業界を対象にした経営コンサルタントとして活躍中。著書に「クラウドコンピューティングの幻想」(技術評論社)がある。TwitterのIDは @EricMatsunaga。

イラストレーター: まつなが みか
つぶやく日本人や音楽にまつわる「人」のイラストを描く。CDジャケット、ショップ、雑誌等で活動中。エリック松永の愚妹。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]