編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

NRIとネットワールド、仮想化環境管理ツール「Senju Children for VMware」を共同で販売開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-03-16 16:48

 ネットワールドと野村総合研究所(NRI)は3月16日、NRIが開発した仮想化環境管理ツール「Senju Children for VMware」を同日より共同で販売すると発表した。

 仮想化ツールのひとつにヴイエムウェアの「VMware」ファミリー製品があるが、ネットワールドはVMwareをいち早く展開、国内で多くの販売実績を持つ。反面、仮想化環境ではシステム運用がより複雑になるため、障害対応など運用の効率化を求めるユーザーへの対応が課題となっていたという。

 一方、NRIは、運用管理ツール「Senju Family」で培った運用技術とノウハウが結集したSenju Children for VMwareを開発した。同ツールは、監視対象にソフトウェアをインストールすることなく、10台までの「ゲストOS」とESXサーバ3台までの「物理サーバ」の両方を一元的に監視するとともに、ランブックオートメーション機能により異常発生時のシステム制御を自動化するのが特長だという。この仮想化環境の制御自動化により、ユーザーの仮想化環境でのシステム運用のコスト削減と効率化を実現するとしている。

 Senju Children for VMwareのライセンス提供価格は70万円、年間保守料金は10万5000円(いずれも税別)。両社は、2010年度に150社程度の導入を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]