編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本ユニシス・エクセリューションズ、金型設計CAD/CAM市場に向け長野に営業サービス拠点を開設

富永恭子(ロビンソン)

2010-03-30 16:25

 日本ユニシスグループの日本ユニシス・エクセリュ−ションズ(UEL)は3月30日、新たに長野地区の営業サービス拠点として長野エクセル・ステーション(ES)を開設すると発表した。開設日は4月1日。

 長野ESでは、長野エリアでの金型設計CAD/CAM市場に向け、 同社開発による国産CAD/CAMシステム「CADmeister」を中心としたUELおよび日本ユニシス関連商品を販売するという。

 CADmeisterの主力市場である金型分野において、長野地区は常に全国シェアで10位以内を維持しているという。また、長野地区は、小物射出成型、順送プレス成型、ナノテク関連技術などの精密技術において、世界に評価される特徴を持った多くの企業を有しているという。UELでは、この地域が持つ強みを生かして「精密技術のCAD実装」を図ることにより、「ローカルから世界に通じるシステム」を実現できる可能性が十分にある市場だと見ている。

 UELが4月から提供を予定している「CADmeister V5.1」は、高硬度材の高速加工実現などを取り入れたCAMラインアップの強化版だという。また、エリジオンの「CADdoctor」の計算エンジンを搭載するなど、ユーザーの使いやすさを追求した機能強化が行われているとする。

 長野ESは、ユニアデックス諏訪サービスステーションと同一事務所内に設置。日本ユニシスグループのシナジー効果を目指した陣容で、3年後に3億円の売り上げを目標にするという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]