編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

国内ワークフロー市場は2008年度、2009年度ともに前年割れの見込み--ITR調査

梅田正隆(ロビンソン)

2010-03-31 19:43

 アイ・ティ・アール(ITR)は、国内コラボレーション市場規模および市場動向を調査したレポート「ITR Market View:コラボレーション市場2010」をまとめた。同レポートは、グループウェア、ワークフロー、ウェブ会議、テレビ会議の4つの製品分野を対象に調査を行っており、ソフトウェアベンダー国内39社の製品について網羅している。

 ITRでは3月31日、同レポートの中から、国内ワークフロー市場の調査結果について公開した。それによると、国内ワークフロー市場の2008年度の出荷金額は約27億円であり、前年比6.6%減となっている。市場縮小の主要因としては、景気低迷によるIT投資の削減によるものと見ている。また、2009年度も市場規模は回復せず、同1.1%減になると予想している。

 2008年度のベンダーシェアについては、NTTデータイントラマートが機能の豊富さ、拡張性の高さから市場をけん引しており、トップを維持している。小差での2位には、用途別に特化したワークフロー製品を提供している富士電機システムズ。3位には堅調に出荷金額を伸ばしたエイトレッドが続いている。

 ITRのシニア・アナリストである三浦竜樹氏は、市場における大きな3つの動きとして、「既存独自開発のワークフロー機能の、簡易なウェブ型ワークフロー製品またはインフラ系製品のアドオンへの移行」「内部統制強化機能を備えたワークフロー製品への注目度の上昇」「ベンダーのASP、SaaS提供」を挙げている。同氏は、これまでほぼパッケージ製品のみの同市場において、今後ASP、SaaSモデルが進展すれば、利用企業の裾野が拡大していくだろうとコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]