編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NTTデータ、クラウドサービス全メニュー提供へ--名称を「BizXaaS」に変更

田中好伸(編集部)

2010-04-08 20:12

 NTTデータは4月8日、2月から先行して提供していた企業向けトータルクラウドサービスについて4月22日から全サービスメニューを提供することを発表した。名称も「BizCloud」から「BizXaaS」(ビズエクサース)に変更する。

 同社はクラウドサービスとして「最適化コンサル」と「マイグレーション」を2月から提供していた。4月8日から「クラウド構築」と「運用管理」を開始、4月22日からSaaSとPaaSを提供する。

図1 BizXaaSのサービスメニュー
※クリックすると拡大画像が見られます

 クラウド構築では、ファシリティやネットワーク、OSから開発フレームワークまでのソフトウェア、CPUやメモリ、ハードディスク(HDD)などのハードウェアを含めて、プライベートクラウドやコミュニティークラウドとしての共通基盤環境を構築する。

 サービスのラインアップとして、企業の個別要件にあわせて環境を提供する「プラチナモデル」、システムの重要度や利用形態に応じて柔軟に構成を選択できる「ゴールドモデル」、1ラックにシステム環境が一式用意された定型構成の「シルバーモデル」を用意する。

 4月8日から提供するもう1つのメニューとなる運用管理は、BizXaaSの各種サービスを一元的に運用管理する。ITILに即してサービスデスク、インシデント管理、問題管理を標準メニューとして提供する。オプションとして変更管理、リリース管理、セキュリティ管理などを提供する。

図2 BizXaaSプラットフォームサービスの概念図
※クリックすると拡大画像が見られます

 4月22日から提供するSaaSとしては、オフィスコミュニケーション、フロントオフィス、バックオフィスワークフロー、バックオフィスERP、オフィスインテリジェンスツールを提供する。

 オフィスコミュニケーションは企業ポータルやメール、グループウェアで構成される。フロントオフィスは営業支援(SFA)や顧客情報管理システム(CRM)が含まれる。バックオフィスERPでは販売管理や会計、人事給与、生産管理などが提供される。オフィスインテリジェンスツールは地理情報システム(GIS)やエリアマーケティング、動態管理、ビジネスインテリジェンス(BI)などが用意されている。

 4月22日から提供されるもう1つのサービスとなるPaaSは、SaaS型アプリケーションを簡易にカスタマイズするツール、組み合わせる際に役立つサービスを提供する。

 認証システムやシングルサインオン、ワンタイムパスワードなどのバリューチェーンサービス、帳票サービスが提供される。またインフラサービスと運用管理サービス、開発ラボ環境サービスも提供される。

 インフラサービスは、仮想マシンやOS、共用の高可用性(HA)データベース、共用ネットワーク、共用のファイアウォール、ロードバランサー、バックアップなど。運用管理サービスではサービス管理や構成管理、監視などの機能が提供される。

 今回から提供されるBizXaaSには、NTTデータのほかにアライアンスメンバーから提供されるものもある。

クラウド構築としてEucalyptusベースのクラウド構築サービスも提供

 BizXaaSの中でクラウド構築サービスのラインアップとして、NTTデータ先端技術の「フル オープンソースソフトウェア(OSS)クラウド構築ソリューション」も提供される。4月8日にNTTデータが発表している。

 フルOSSクラウド構築ソリューションは、重要データの秘密保持や信頼性、安全性、既存システムとの連携、カスタマイズの観点からパブリッククラウドに対して不安を感じる企業に対して、プライベートクラウドやコミュニティークラウドの環境を構築するソリューションになる。OSSのメリットである初期導入費用を抑え、企業の要望に応じてカスタマイズできることが特長としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]