編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

システムの仮想化や統合、クラウド活用でハードウェア市場は継続的に減少

富永恭子(ロビンソン)

2010-04-27 09:38

 IDC Japanは4月26日、国内IT市場の2009年第4四半期(10〜12月)の実績と、最新の景気動向などに基づいた予測を発表した。

 2010年の国内IT市場は、前年比2.4%減の11兆2168億円と予測しており、2009年の前年比10.1%減に比べ、下げ止まりの傾向にあるという。2011年以降はプラス成長に戻り、2014年の市場規模は11兆4256億円と予測している。また、2009〜2014年の年間平均成長率は0.1%減となるとみている。国内IT市場を構成するハードウェアとソフトウェア、ITサービスという3つの市場の2010年の予測も発表している。

 ハードウェア市場は、前年比2.5%減の4兆1763億円と予測。2009〜2014年の年間平均成長率は3.1%減、2014年の市場規模は3兆6685億円とみている。ユーザー企業はシステムの仮想化や統合化、クラウドの活用などでシステムの効率化やコスト削減を図っており、ハードウェア市場は継続的に縮小するとしている。

 ソフトウェア市場は、前年比5.5%減の2兆628億円と予測。2009〜2014年の年間平均成長率は0.7%、2014年の市場規模は2兆2597億円とみている。ユーザー企業によるシステムの仮想化や統合化、プライベートクラウドの構築に伴い、仮想化ソフトウェアへの投資が活発になるという。また、有効性の認識が高まっているビジネスインテリジェンス(BI)ツールやデータウェアハウス(DWH)ソフトウェアへの投資も拡大する予測している。

 ITサービス市場は、前年比1.0%減の4兆9777億円と予測している。2009〜2014年の年間平均成長率は1.8%、2014年の市場規模は5兆4974億円と予測。システムの仮想化と統合化、プライベートクラウドの構築、BIツール、DWHソフトウェアへの投資、スマートグリッドやスマートシティの実現といった案件がそれぞれITサービス市場を牽引するとみている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]