NEC、最新Xeonを搭載し高速かつ省電力化したサーバ新モデル

ZDNet Japan Staff

2010-06-07 16:12

 NECは6月7日、IAサーバ「Express5800シリーズ」にインテルの最新CPUを搭載した2Wayラックマウント型サーバ2モデル、2Wayタワー型サーバ2モデルの計4機種を追加し、販売を開始したと発表した。

 新製品は、いずれもCPUに「インテル Xeonプロセッサー5600番台」を搭載可能とした。ラックマウント型サーバの「Express5800/R120b-1」では、従来モデルに比べて処理性能を最大約50%向上しているという。また、変換効率92%以上の高効率電源や低電圧版メモリなど省電力部品の採用、サーバ稼動状態に応じて消費電力を制御する独自機能の搭載により消費電力を従来比で最大約30%削減できるという。

 また、ラックマウント型の「Express5800/R120b-2」は拡張性を高め、2.5型ディスクドライブの搭載台数を従来比1.5倍となる最大12台まで搭載できるとしている。

 税別価格は、ラックマウント型のExpress5800/R120b-2(2Uタイプ)が28万6000円より。Express5800/R120b-1(1Uタイプ)が27万5000円。タワー型の「Express5800/T120b-M」が30万円より、「Express5800/T120b-E」が15万1000円より。いずれもBTOにより構成変更が可能となっている。出荷開始は6月30日を予定している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]